アパレルデザイナーを名乗る以上、スキルがないと将来詰みますよ

ファッション業界の中でもあこがれの職種を挙げるとすれば、まずはこれらがトップ3に入ると思います。

  • デザイナー
  • プレス
  • (マーチャンダイザー)

マーチャンダイザーだけが()になっている理由は、業界に入ってから目指すことが多い職種だからです。一般人はよくわからないはずので次点としました。

それに比べてデザイナーとプレスはわかりやすいですね。テレビや雑誌にもよく顔を出しますし、ファッション業界の中でも「花形」といえる職種かもしれません。

でもデザイナーといっても、いろいろあるんですよ。知ってました?最近だと 3 種類に大別されるのかな。

といことで今回はデザイナーにスポットを当てていきます。しかし、もしも現職デザイナーが読んだら、人によっては不安にさせてしまうかもしれません。

本来のデザイナーのお仕事

ブランドの方針と顧客を理解しデザインする

一般的な分業型アパレルブランドの場合、ふつうは企画会議を重ねて「今シーズンはジャケット 10 型、コート 6 型、カットソー 20 型〜」という骨格が決まります。

デザイナーはそれを受け、ある程度の予算感を意識しながら、具体的にどんなデザインでどんな仕様のアイテムを作るべきかを考えます。

たとえばコート 6 型に対し、すべて ダッフルコートを作ったらどうでしょうか。いくら 1 型ずつ素材を変え、ボタンも変え、価格も変えたとしても、お客さんから見ればどれもダッフルコートです。これでは売れませんし、お客さんが逃げちゃいます。

ブランドのターゲット像を把握しつつ、定番的に売れるデザイン、今年ならではのトレンドデザイン、ブランドとして推したいデザインといったバリエーションを持たせることが重要です。

仕事は「デザイン」だけじゃない

しかしデザインを決めただけではモノは作ることができません。

寸法はこれ、表生地はこれ、裏地はこれ、ボタンはこれ、といった指示をしないといけません。いわゆる仕様書というものです。この仕様書がよくできていれば、サンプルから量産までスムーズに進みます。しかしこの出来が悪いと、何度も何度もサンプルを作り直す羽目になることもあります。

そう、デザインはもちろんのこと、仕様書という設計図まで作成して指示出しまですること。これが一般的な分業型アパレルブランドデザイナーのお仕事といえます。

最近のデザイナー(?)のお仕事

しかし最近はその役割も変わりつつあります。いや、むしろこちらが主流です。

雰囲気、イメージを伝えて作ってもらう

ブランドのデザイナーは「これをこう作って」と明確に指示します。しかし最近のデザイナー(?)は「こんな感じのをうちっぽく作りたいんだけど」と指示?いや相談します。

具体的に「これ」というのは、ランウェイの画像、他社の商品、雑誌の切り抜き、 WEAR 等のコーデ画像です。

わかりますか?この部類のデザイナー(?)は、デザインも設計図も作りません。そもそも作れませんし、作る必要もありません。

ブランドのターゲットや雰囲気を把握しながら、「〜ぽい」アイテムを「相談して」「作ってもらう」のがお仕事です。

ファストな某社の場合はもっとすごい。売れるものを売れる型数、売れる量提案してくれれば仕入れます。サンプル?いや興味ないのでいいですという信じられないやり方です。

デザイナーなのかな、その仕事

以前の記事でも書きましたが、最近はセレクトショップのほうがしっかりモノづくりをしています。

逆に若い子(20代)向けのブランドのほとんどはこちらのパターンに当てはまります。具体的には言いませんが、「ほとんど」と言ってしまっても差し支えないと思います。
参考▶ アパレルデザイナーの転職活動が苦戦する背景にある理由