月別に見るアパレルのセール時期と営業体制(秋冬シーズン: 7 月 ~ 12 月)

ショッピングバッグ

前回の記事 では、

  • そもそもセール対象となる商品とは
  • 1 月 ~ 6 月の春夏シーズンの営業体制とセール内容について

を取り上げました。セールがない期間なんてほとんどないことがわかりましたね。きついのう。

では今回は後半戦、7 月 ~ 12 月の秋冬シーズンについて同様に見ていきます。春夏シーズンと同じように実質毎月セールを行っているのでしょうか。それともしっかりプロパーが売れる体制になっているのでしょうか。

7 月はセール三昧

7 月
上旬 中旬 下旬
セール構成比 90% 80% 60%
セールの内容 春夏物 春夏物 春夏物
プロパーの流れ 晩夏物投入

※構成比は店頭陳列上のものです。以後も同じ。

セールセールセール

6 月最終週からセールが開催されていますが、館によっては7月頭から開始というところもあります。そのため市場全体のセールの盛り上がりは、7 月上旬が最高潮となります。

その後は 1 月と同様に 2 週間程度で再値下げが入り、月末にかけてさらにオフ率は高まっていきます。

店頭での構成比は 1 月(秋冬物セール)と比べると、7 月のほうが月末時点でもセール構成比が高いかなという印象。なんせ 7 月末なんてまだ梅雨があけたばかり。9月中旬まで夏日が続くと考えると、夏物セール品はまさにここからが実売だからです。

※「あれ?実売期なのになんでセールすんのかね?」という素朴な疑問は正しいです。みんな思っているけど変えられない。アパレル業界の闇のひとつです。

セール開始時期にはさまざまな論があるが・・・

なお商業施設の中には、あえてセール開催時期をずらすところもあります。三越伊勢丹系の百貨店と、ルミネです。

理想とする姿はよくわかるのですが、現状を変えるほどの力にはなっていません。7 月頭のルミネなんて閑古鳥。そのうちこっそりと他と合わせてくると思います。
だいぶ前の記事ですが参考▶ セール後ろ倒しの理想は分かるけど、足並み揃わない限りは無意味でしかない