LastPass のデータを取り出して Excel で表にして保存する方法

lastpass

みなさんウェブサイトの ID やパスワードの管理ってどうしてますか?私は “LastPass” というものをここ4年くらい使い続けています。有料版もあるのですが、別に無料でぜんぜん事足りています。

(ちなみに有料プレミアムプランは、2019 年 9 月現在で月 $3 ≒ 325 円前後。 数年前は年間 $120 だったんで、値上がりした模様)

代表的な Web ブラウザへのアドオンがあるのもいいですね。シンクさせれば会社だろうが家だろうがどこでも使えます。便利便利。

ただ、とはいえやはり無料であるがゆえのリスクは存在します。いつ何時、「今後は有料だけにするわ」という体制になるかもしれません。可能性はゼロじゃない。
参考▶ クラウドストレージサービス Copy が2016年5月1日でサービス終了

ということで今回は、LastPass に入っている情報をエクスポートして Excel で表で見やすく整理する方法を共有します。

LastPass のデータをテキスト化する

以後、OS は Windows7、ブラウザは Google Chrome を使用した状態で進めます。もちろん LastPass がインストールされている前提。デスクトップアプリからでも流れは同じです。

まずはログインして保管庫へ

lastpass1

まずはブラウザの右上にある LastPass アイコンをクリック。メニューが表示されますので「保管庫」を選択します。

lastpass2

保管庫に入った状態です。私の場合は 305 サイトが登録されています。見るとぜんぜん覚えのないサイトもちらほら・・・。

マスターキーワードを入力してエクスポート実行

画面右下のメニュー項目から、「その他のオプション」を選択します。

lastpass3

「▼詳細設定」を展開すると「エクスポート」という項目が現れます。

lastpass5

クリックして進むと、LastPass のマスターパスワードの入力を求められます。ID やパスワードといった超重要情報を引き出すわけですから当たり前です。

lastpass6

入力したら「続行」をクリック。

するとブラウザの別タブが開き、このようなテキスト情報がぶわーっと表示されます。

lastpass7

1行目、小さくて見づらいですが左から順に

  • url(登録サイト URL)
  • username(登録サイトログインID)
  • password(登録サイトログインパスワード)
  • その他いろいろ