アメブロでの facebookcan.com へのリダイレクトを回避する方法

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

とあるブログがあります。そのブログ(アメブロ)は2010年から更新が途絶えているのですが、いまでもふと思いだして何ページも読みふけることがあります。大好きなんですよ、そのブログ主さんの文章や考え方が。

当時はコメント欄や Twitter などでやり取りしていましたが、今はどこでなにしてるんだろ。

スポンサーリンク

http://www.facebookcan.com/ とは

んで昨日のこと。

久しぶりにそのブログを覗いてみますか~と訪問したところ・・・あれ?

Facebookcan.com top

こんなウェブサイトにリダイレクトされちゃいます。

ブログ主さんの本業はウェブ屋さんでしたので、もしかしたら自前のサイトに誘導してる?いやいや、どう見ても Facebook をもじったゲスい広告サイトだし、そんなことをするような御方じゃなかった。

それじゃアメブロの仕様?それもないでしょう。

アメブロを狙った攻撃だった

で、 “http://www.facebookcan.com/” で検索をかけてみたら理由が分かりました。

全く更新されていないアメブロのなかにはテーマの脆弱性を突き「facebookcan.com」へリダイレクトするスプリクトが組み込まれてしまうようだ。

とのこと。引用元サイトはこちら。ありがとうございます。

Amebaブログで「facebookcan.com」へリダイレクトされてしまう場合の対処法

久しぶりに以前更新していたAmebaブログ(アメブロ)にアクセスした所、「facebookcan.com」のドメインへリダイレクトされてしまいブログを閲覧することが出来ないといった症状が一部で報告されている。 そこで今回は、こちらで確認でき…

uragadget.net

どうやらテーマを最新のものにアップデートしたり、”blogcharm” というプラグインを削除することで解決されるようです。

リダイレクトをブラウザで無効化する方法(Firefox)

しかしそうした対処法は、あくまでも自分がブログの管理者だった場合の話。今回の私のようないち訪問者がリダイレクトされずにブログ閲覧をするためにはどうしたらいいんでしょう。

以下 Firefox ブラウザ限定となりますが対処法です。

まずはブラウザ右上のメニューを開き、「オプション」をクリック。

firefox1

オプション設定画面に遷移しますので、そこで「詳細」を選択。

firefox2

そしたら下記の枠で囲ってある部分にチェックを入れてください。

firefox3

Web ページが自動的に転送や再読み込みをさせようとしたときに警告する

まさにドンピシャ!迷わずチェックを入れてください。

作業はこれで終わりです。もうこのオプション設定画面は閉じてしまってかまいません。

以後はリダイレクトが発生するサイトを開くとブラウザのツールバーに警告が出てブロックされるようになり、許可しない限りは自動的に転送されません。

ただし毎回ブロックはウザいでしょう。私のように指定サイトだけブロックしたいという場合は、その時だけ都度設定するなどしたほうがいいかもしれません。

以上終了!

私の場合ぜんぜん機能してくれない・・・

ではアメブロに戻って記事を読もうか・・・ってあれ?あれ?また勝手に飛んじゃう。

何も改善されないやないけ!

そうです。何か他の設定があるのかどうか分かりませんが、私の Firefox では全然機能してくれません。その他リダイレクトを無効化するアドオンなどを探して入れてみてもダメ。何なのもう。チェック外したれ。

スポンサーリンク

実はブラウザ依存しないすごく簡単な方法があった

keyboard-621830_640

ちくしょう。しかし再度いろいろと悪あがきを繰り返した結果、結論としては勝手リダイレクトされないようになりました。

その方法とはなんと・・・

エスケープ(Esc)キー長押し

でした。

今回のケースでは、お目当てのサイトを開く → 0.5秒程度表示される → その後別サイトへ転送、という状態でした。この「0.5秒」一瞬サイトが表示されたタイミングで Esc キーを長押し!するとめでたく別サイトへの転送は無効化されました。

いろいろやってみると何とかなるもんだ。これならブラウザ依存なく通用するんでない?

なおあまり早いタイミングで押すと、画像や広告の表示もキャンセルされます。タイミングはサイトによって異なりますので、ベストなタイミングは各サイトで試してみてください。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。