Google Chrome で不用意にアカウント追加すると身バレの危険度アップ

ブログやSNSを匿名で運営している方は結構多いはず。特に一般企業にお勤めのサラリーマンの方なんて、ほぼ100%匿名じゃないですか?身バレ上等!という方もいますが、たいていの方は身バレは避けたいはず。

んで身バレを防ぐために最もケアしなければならないこと。それは記事の内容やツイートの内容ではありません。

リアルのアカウントと匿名アカウントの繋がり

これに尽きます。

しかしですな、先日少しヒヤリとすることがありました。

なぜオマエがここにいる

先日ぼけーっと Google+ を見ていたところ・・・

google+友だち候補

んんん!?なんでアンタがここに顔を出すの!?という人が大量に。(画像はサンプルです)

そう、ブログ用アカウントのはずなのに、なぜかリアルの連絡先の人々がズラズラと。わお。

私が無視すりゃいいじゃん、という話ではありません。こちらに表示されるということは、向こうにも表示されている可能性があるということです。

とりあえず大事には至らなかったけど原因は?

ひとまずつながりを削除しましょう。名前の横に表示されている「☓」マークをクリック。するとその人は候補として表示されなくります。

この作業をひたすら行いリアルの知り合いをすべて削除したところ、以後は二度と表示されなくなりました。念のためリアルアカウントのGoogle+の友だち候補を確認しても、このブログ用アカウントは表示されません。ひとまず終了したっぽい。

私はこうしたことが怖いので、自分なりに結構気を遣っていたんですが・・・なんで今回こんなことが起こっちゃったんでしょう。

身バレ原因①:メールのやり取り

ギブアンドテイク

一般的にユーザーの多い Gmail の話をします。当たり前ですが、1アカウント=1メールアドレスです。

  • リアルアカウント:★○▼☓◆@gmail.com
  • 匿名アカウント:▶△○◎@gmail.com

おそらくウェブブラウザも分けていますよね。そのため通常は双方につながりは無いはずです。

だがしかし、意外と盲点なのがメールでのやり取り。

例えば匿名アカウントでウェブ閲覧をしていたら、リアルの方にすごく役立ちそうな記事を見つけたとします。さっそく Gmail を立ち上げて、URL をコピペしてリアルのメールアドレスに送信。

Gmail はメールのやり取りがあると、すぐに連絡先に登録・共有されてしまいます。そうなると謎の解析がなされ、別アカウントの連絡先の人達が「友だちかも?」と表示されます。はい、以前経験済みです。

そのため私はこれにはかなり気を付けていています。おそらく今回はこれ原因ではないでしょう。

身バレ原因②:Chrome アカウント追加

ガム踏んだ

原因はこちらかなと。

最近(というか数か月前)から、Chrome では1ブラウザで複数アカウントの追加ができるようになりました。一旦ログアウトしてログインし直して~という面倒なものではなく、Chrome が2つ同時に立ち上がる感じです。

それまで私はブラウザをこのように使い分けしていました。

  • 仕事:Chrome
  • ブログ:Firefox
  • プライベート:Safari