Gmail のアーカイブって何?謎の機能が存在するその真の理由

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

ああ、中華丼食い過ぎた。

さて今回は超絶どーでも良いエントリー。Twitter 的なネタかなと思いましたがこっちにポスト。

スポンサーリンク

Gmail のアーカイブは慣れると便利

便利ですよね、Gmail 。プライベートでも会社でも Gmail です。

使い始めた頃は「え?フォルダじゃなくてラベル?」的な使いづらさもありました。しかし基本的に G さんは「検索しろボケ」スタンス。便宜上ラベリングはするものの、基本は検索ということに気づいてから手放せなくなりました。

中でも他サービスにない機能として真っ先に挙げられるのが「アーカイブ」でしょう。受信トレイをすっきりさせるために主に使われているのですが、実はそれは表面上の目的であり、本当はもっと深い目的があったのです。

真の存在理由は我々の想像の斜め上をいっていた

検索で「Gmail アーカイブ」等で検索してみましょう。トップに出てくるリンクをクリックすると、このようなページに遷移します。

Gmailアーカイブ_1

驚くべき理由が書かれていました。

でもスマホは見づらいか。もう少し拡大。

Gmailアーカイブ_2

どうですか!?

でもまだ見づらいか。

Gmailアーカイブ_3

これなら!?

あまり大きくならない!しょうがないから手打ちします。

あなたが有名人になって自叙伝を執筆するときに検索したりできるようにアカウントに残っています

ええぇ!?お気遣いありがとうございます。

スポンサーリンク

オートバイオグラフィーでマネタイズ

Web の大正義 Google さんがこうおっしゃるんです。「~というのに便利です」とあくまでも緩やかに示唆していますが、確実に本気でしょうね。今でこそブログが定着していますが、次に来るのはもう「自叙伝」に間違いないということが分かりました。

ちなみに自叙伝(自伝)を英訳すると”autobiography(オートバイオグラフィー)”。

来年の今頃には自称「オートバイオグラファー」が Google Play で自叙伝を販売するのが流行っていることでしょう。んで「売れる自叙伝の書き方」的な情報商材も山のように。

還暦過ぎてヒマを持て余したおじいちゃん達向けに良かったりして。

はは、どうでもいいw

では再見。

※おバカなカテゴリの記事一覧はこちらから※

おバカ カテゴリへ

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。