Gmail の空き容量を増やすための効果的なメール削除方法と小技

gmail

もはや私たちの生活のインフラと化した感のある Google の一連のサービス。なかでも大容量の無料メールサービスである Gmail は、終了されると困るサービスの筆頭に挙げられるのではないでようか。

ただいくら大容量とはいっても当然制限があります。サーバ代だってばかになりません。将来的には技術の進歩で 1 TB 無料とかになるかもしれませんが、現状での無料容量の上限は初期で 15 GB です( Gmail だけではなく Google Drive と合わせた容量)。無料で使い続けたいのなら、この中でやりくりする必要があります。

とはいえ人とは忘れる生きもの。「こまめに管理するぞー」と一念発起しても、2 年後にはこのような状態になります。

gmail容量

おっとあと 2 GB しかない。昔は 2 GB もあれば相当なもんでしたけど、最近はみな平気で大容量のファイルを送り合いますからね。あっという間に使いきってしまいそうです。面倒くさいですが、過去メールを削除して容量を増やすしかありません。

ということで今回は私がよく使っている削除方法を共有します。

①大容量添付ファイルのメールを検索して削除

なにはなくともまずはこれ。昔は MB レベルのサイズの添付ファイルを送るのはマナー違反とされていましたが、最近ではほぼ気にする人もいないんじゃないでしょうか。とはいえ私は 5 MB 超えたらストレージ使ってますが。

Gmail 内の大容量添付ファイルを検索する方法は簡単です。Gmail の検索窓の右端の “▼” にカーソルを持っていくとこのように表示されるのでクリック。

検索オプションを表示

すると検索オプションが開きます。

大容量メール検索

検索場所の選択

上では「すべてのメール」にしてますが、もちろん受信メールだけや、送信メールだけも選択可能。

「添付ファイルあり」にチェック

必ずチェックを入れてください。

サイズ選択

まずは 5 MB などの大きな値を入れ、一括削除していくことをおすすめ。その後サイズを落として取捨選択していきましょう。

まずはこの機能を使い、容量を食っているメールをバサッと切り捨てることをおすすめします。

②ラベル単位で削除

Gmail を使っているのであれば、必ずラベル機能を使っていると思います。

  • もう使っていない Web サービス
  • もう登録削除したメルマガ
  • 別れた彼女

このへんはラベルごとバサッと削除しちゃいましょう。企業で使用している場合は退職者なども対象になると思います。

全体選択

ピンク部分にチェックを入れれば、ページ内すべてのメールが選択されます。なお画像右下のアンダーラインで表示されている「◯◯のスレッド**件をすべて選択」部分をクリックすれば、ページ外含む当該ラベルのすべてのメールが選択されます。

気合一閃、お別れしましょう。

③一定期間より前のメールを一括削除

いくら大切なメールとはいえ、さすがに 5 年前のメールを読み返すことは稀だと思います。取っておきたい気持ちはわかります。私だって容量に制限がないならば取っておきたいタイプです。

しかし「いつか読むかも」の「いつか」は永遠に訪れません。血も涙もなく一括削除するのが楽ちんでしょう。

③-1:指定日以前のメール検索

期間指定のやり方は簡単です。たとえば「2013年1月1日よりも前のメール」を抽出したい場合には、Gmail の検索窓に下記のように入力します。
before:2013/1/1