目の前に人がいると思えば営業メールの内容も変わってくるよ

自社ホームページを持っていれば、問い合わせ専用メールアドレスに向け、毎日何かしらの営業メールが送られてきます。このブログにだって送られてくるくらい。

営業メールというと、定型文ばら撒きの半スパム的なイメージがあります。私も少なからずそういう認識です。

しかしそんな中にも、自社にとって役に立つサービスが隠されているかもしれません。だから私はわりと営業メールも目を通します。んで興味があったら返信して話を聞いていますし、仕事につながったケースもあります。

ただ「あーもったいないなぁ」というメール(というか担当者)も多々ありまして。今回はそんなお話をしてみます。

見込みないと見るやメールが途切れる人が多い

時計

営業:こんなサービスですわ。

私:へー。コストは?

営業:イニシャル◯◯万円、ランニングで◯万円。

私:うーん検討したけどいまはまだ早いと思うので見送るね。めんご。

営業:(ノーレス)

かなり多いこんなやり取り。せっかくコミュニケーションの段階まで進んだのに、見送りという返答を受け取るやいなや音信不通になる。

いやわかりますよ。営業は数字 = 成約取ってなんぼですし、上からも厳しく言われていることでしょう。 直近の数字につながらない奴なんて相手にする暇があったら、1 本でも多くの営業メールを送信しろと言われているのかもしれません。数字と時間に追われる日々。

人様の会社の経営方針にあれこれ言うつもりはありません。しかしもしもこの会社が将来良いサービスをリリースしたところで、私はぜったいに導入しないだろうなと思います。意地でもここじゃなく他の会社のサービス使ってやる。

目の前に人がいても同じ対応をできるの

まぁこれに尽きるかなと思います。

リアルの商談で「ごめんね見送るわ」と言われ、無言で荷物をまとめて立ち去る営業マンなんていませんよね。いたら逆に会いたい。

今回は残念だけどまた機会があったら頼むわ。

じゃあ実は今度こんなサービスリリースするんだけど、また説明だけでもさせてもらっていい?