大久保のナングロガルで味わうガチなネパール料理とバリバリ千飯

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  Pocket 

あれは 2014 年 ~ 2015 年の頭ごろだったかな?なにがきっかけかは失念してしまいましたが、南インド料理出会ってしまった私。そのごすっかりハマり → 定着し、いま( 2018 年 1 月現在)でも月に 2 ~ 3 回はどこかしらのミールスをいただいています。

いわゆる街のカレー屋さんは、インド北部の油分が多いカレーです。それはそれで美味しいですし、たまに食べたくなるんですけど、好みとしては断然南派。

で、街のカレー屋さんに行って店員さんと話をすると、ネパール出身の人がけっこう多いんです。なので私の中では、ネパールにもカレーがあり、北インドのそれと一緒のものという認識でいました。

だがしかし、その認識を覆すネパール料理と出会ってしまいました。

スポンサーリンク

ナングロ ガル@大久保

そのお店「ナングロ ガル」は、韓流街として有名な新宿の大久保エリアにありました。JR 中央・総武線の大久保駅徒歩 200 メートル程度。山手線の新大久保駅からでもさほど遠くはありません。

大久保駅から進むとこのへんにあります。

 

グリーンで囲った部分が看板なんですが、さっぱり目立ちません。

看板の下まで行くと、ようやく「本格ネパール居酒屋 ナングロ」と書かれた看板が。なんだか中華料理っぽいなぁ。

ナングロガル外観

店舗入口はこのビルの 3 階になります。階段を昇ると 2 階部分にさらなる扉が。

ナングロガル階段

臆せず開きさらに階段を昇れば、そこがナングロ ガルとなります。

店内はこんな感じ。左手には 4 階へと昇るやけに急な内階段もあります。

ナングロガル内観

スタッフはたぶんネパールの方。私が訪問した日はお客さんもそちらの人だらけで、かなり異国感満載でした。

街のカレー屋にはない、知らないメニューだらけ

ランチメニューは何種類かありました。

こちら表面。タップ(クリック)で元画像を表示します。

見たことのない食べものがある!!

んで裏面。

こちらはダルバートなど、知っているメニューがあります。それにしても街のカレー屋さんで出てくるようなものとは全然違いますね。

一押しらしき サマエバジ をオーダー

迷いましたが、一押しっぽいこちらをチョイス。

「ネワール民族のサマエバジセット」なるものです。ネワール民族もサマエバジも初耳。

NEWARI KHAJA

ネパールのカトマンズ盆地一帯に居住する民族の食事

なんですって。あと + 300 円でマサラチャイをオーダーしました。

同じネパールのタカリ族を打ち出す某店には訪問したことがありますが、残念ながら「?ただのカレー屋やん」という印象しか持つことができませんでした。さてこちらのお店はいかがなもんでしょうか。

完全に初体験の味と食感、そして美味い!

待つこと 10 分程度でしょうか。ついにサマエバジと初対面。

ナングロガル サマエバジ

おおおーー。葉っぱで作られたお皿がステキ。

このサマエバジ、メニューにも書いてありましたが、以下の料理で構成されています。

  • 千飯
  • スパイシー肉
  • じゃがいも
  • 大豆
  • スライス生姜
  • ほうれん草
  • ゆで卵
  • 漬物
  • バラ
  • パウーワ

個人的に驚いたものをピックアップ。

ナングロガル サマエバジ

バリバリ千飯

なんだろ?バスマティライス的なものかしら?と思ってたら予想は大きくハズレ。

ライスを潰して乾燥させたものなのかな?水気はゼロ。口に入れるとバリッバリで「飯」からは想像もつかない食感です。これはかなりインパクトあります。

辛さがジワるスパイシー肉

画像左上。マトンの香りが漂います。

店員さんが「辛いの大丈夫?(ニヤリ)」と言ってくれたとおり、かなりスパイシーです。これまたいままでに味わったことのないタイプの辛さ。

スライス生姜は良い脇役

スパイシー肉の下にあるスティック状の生姜。ほかの料理と混ぜて味にコントラストを出したり、それだけで食べたり。なかなか良いですこれ。

まさかの、ただの炒り豆

ゆで卵の左横にある豆は「煮豆」ですが、注目は右の豆。こちらは「炒り豆」。

特に味もついておらず、バリバリボリボリ食べるのみ。なんだか田舎を思い出しました。

パウーワはたしかに必須かも

見てわかるとおり、総じて汁っ気がかなり少ないです。またスパイシー肉以外にそこまで尖った味のものがないので、このまま食べ進めると少し単調に感じてしまうかもしれません。

しかしそこで役立つのが、最初の画像で別皿で出ている「パウーワ」なるもの。酸味のあるドレッシング的なもの。

いろいろ混ぜて、最後にこのパウーワを少し垂らしてあげると、味にまったく違う表情が生まれます。なるほどなぁ。

ヘルシーで女性も嬉しい(たぶん)

また油があまり使われていない & ほぼ野菜なので、ヘルシーで女性にも嬉しいんじゃないでしょうか。知らんけど。

スポンサーリンク

ネパール料理、侮りがたし!!

・・・などなど、街のカレー屋から想起されるネパール料理とは似ても似つかぬ一皿でした。バリバリ感と優しい自然な味付けという、ハード & ソフトのコントラスト。またリピートしたいなぁと強く思いました。

いやはやネパール料理、ぜんぜん北インド料理と違うじゃないですか。大発見です。

こうなると俄然他のメニューも気になりますね。間を置かずに訪問してみようと思います。

ちなみにこちらのナングロ ガルさん、実は蒲田にもお店があるようです。気になった方はぜひ足を運んでみてください。

未知の美味いもんをいただくとホクホクしますな!

では再見。

ナングロガル大久保店

ナングロガル蒲田店

スポンサーリンク

こちらも読まれています

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。