五反田「豚とこむぎ」で汗だくで喰らうガチ盛りラーメン

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  2 Pocket 

いやー梅雨が明けてからクソ暑い日々が続きますね。こんな日のランチは、クーラーの効きの悪いお店でうまいカレーかラーメンを汗だくで食す!に限る。食べ終わったら一戦交えて来たかの如く汗だくヘトヘトになりますが、「食ったぁ~」という心地よさに包まれます。

ということで先週末ですが五反田ラーメンの人気店に行って参りました。

スポンサーリンク

豚とこむぎ@五反田でハイカロリーラーメンを完食する

今回紹介する豚とこむぎは、五反田の中心から少し離れたところにあるラーメン屋さん。五反田エリアにはきみはんや平太周などいくつか有名店はあるのですが、個人的にいちばんリピートしているお店ですね。

まず外観はこんな感じ。

豚とこむぎ1

黒×赤のドデカ看板の左が入り口となっています。

中はカウンター席のみで12席。満席になってもギュウギュウ感は特になく、比較的余裕のある作りになっています。けっこう女性客もいますよ。

食券購入→トッピングオーダー

まずは食券機で食券を購入。私はいつも中ラーメン@720円。

席に着いたら厨房の店員さんに食券を渡します。空いてる時はこの時点でトッピングのオーダーもしちゃいます。この日は「野菜増し」「玉ねぎ」「ニンニク」をお願い。すべて無料なのが嬉しいですな。

さてさて、豚とこむぎをご存じない方でも、このトッピングを見ればなんとなく想像つくんじゃないでしょうか。

そう、出てきたラーメンはこんなやーつ!

豚とこむぎのガチ盛りハイカロリーラーメン

豚とこむぎ2

うひゃーうまそー!今週も行きたくなりますな^ ^

そう、いわゆる二郎系とか二郎インスパイア系なんて言われる部類です。二郎系のラーメンが苦手という人も多いですが、私はわりと平気。さすがに頻繁に食べると死ぬと思いますが、2~3か月間隔で忘れた頃に食べることが多いですね。

あといくらモリモリ二郎系とはいえ、出てきた時点で下の銀皿に油とか野菜がぐちゃぐちゃに垂れてるラーメンはNG。人が食すものですから、できるだけ清潔に盛り付けの美しさにもこだわっていただきたいもの。

そういう視点でもこの豚とこむぎはOKです。美しい盛りですな。

スープは意外とあっさり&麺がモチモチうまい

さて味に関しては、「豚とこむぎ」というだけあってギトギトとんこつ・・・という感じでもなく、甘めでわりとあっさりした醤油ベースの軽めとんこつスープです。見た目よりもさらっといけますよ。

女性客が多いのもここに理由があるのかもしれません。

麺は自家製麺?もちもち太麺で食べごたえあり。見た目以上に量があるので、今回オーダーした中ラーメン×野菜増しも、体調によってはけっこうキツイ時があります。

スポンサーリンク

五反田ラーメンで満腹・満足したいならたまに行こう

という、五反田ラーメン「豚とこむぎ」でした。

二郎系は好き嫌いあるかもしれませんが、五反田エリアのラーメンでこの「食ったぁ~!」感は唯一無二のもの。この夏真っ盛りの時期だからこそ、「おっしゃ食うぞ!」と気合入れて喰らいにいきましょう。

ただしオッサンは頻度控えめにw

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。