飲み会の翌日の口臭には要注意!特にオッサンはマスク必須だ

飲み会は楽しいですね。仕事について語る飲み会も好きですし、気の合う仲間とどーでも良い話をする飲み会も好き。

楽しい飲み会だとお酒もどんどん進みます。あれよあれよとボトルも空になり、「もう一本」「じゃあ二次会へ」なんてことになり、ついつい深酒しがちです。

そして翌日二日酔いで毎度の後悔をすることになります。しかし深酒の翌日は、知らぬ間に他人に迷惑をかけているかもしれませんよ。特にオッサン(ここではオーバー 30)。

深酒の翌日に撒き散らされる酒臭

臭い

知らぬは自分ばかりなり。

photo credit: A stench via photopin (license)

朝は全身から酒臭プンプン

猛烈な眠気と気だるさとともに目覚める翌日朝。いくら寝ても寝足りない。昨晩の記憶も曖昧。よくあることです。

この時自分では気づいていないかも知れませんが、全身から猛烈な酒臭を放っています。もう頭皮から指先まで。

でもこの全身から漂う酒臭は、シャワーを浴びれば消え去ります。朝シャワーを浴びない派の方は、深酒した翌朝だけは浴びといた方がいいですよ。臭いから。

口臭は消え去るまでに時間がかかる

シャワーを浴びて心身ともにスッキリしたら、今日も元気に働こう!・・・いやちょっと待ってください。

そこまで飲んでいるとしたら、高確率であなたの息は酒臭いはず。おそらく午前中いっぱいは酒臭さが抜けないことでしょう。
え?そんなことないと思うけどな?

と思っているのは自分だけ。周囲の人間は間違いなく感じているはずです。

コイツ酒くっせーな~

と。深酒翌朝に至近距離でヒソヒソ話などされた日にゃもう。

飲み会翌日の息が酒臭くなる原因

火を吹くドラゴン

もうこんな勢いですよ。

20 代の頃はそんなことは無かったと思います。いくら飲んだとしても、睡眠さえ取れば酒臭さは抜けました。いつからこんな身体になってしまったんでしょう。

肝機能の衰え

原因は肝機能の衰えにあります(と思います)。

長年の飲酒が祟って私のように γ-GTP がハイパーインフレを起こしてしまった人間は、たとえ節酒して数値を下げたとしても、本来の健康な肝臓には戻りません。

参考▶酒と泪と男とγ-GTP 「覆水盆に返らず」とはよく言ったもの

肝機能が衰えるということは、アルコール分解力も弱まるということ。つまり若い時よりも身体から酒が抜けるのに時間がかかるようになります。

実は朝はまだ酔っ払っている状態

最近二日酔いが昼から来るんだけど・・・

というそこのあなた。私と一緒ですね。

分かりやすく若いころの流れとざっくり比べてみましょう。

  • 20 代の頃:飲む → 寝る → (アルコール分解!) → スッキリ起床
  • オッサン:飲む → 寝る → 起床(まだ酔ってる) → 昼から頭痛(オエェ)