要注意!ため息は自分が思っている以上に超臭いので、周囲確認してからね

誰だって、いつだって思い通りに物事が進むわけではありません。

  • せっかく準備万端段取りしたのに、なんであいつミスるかなぁ・・・。
  • 今日も愚痴ばかり聞かされた。疲れた・・・。
  • 今月中に発注するって言ってたのに、勝手に来月にずらさないでよ。今月の数字どうしよ・・・。

などなど、社会人であればいくらでも思いつくと思います。

こういう状態を一言で表現すると、「落胆」といえるでしょう。

そして人は落胆したとき、ある行動を取るようにプログラムされています。おわかりでしょうか。それは「ため息」です。

「ハアァァァァ」

「フウゥゥゥゥ」

「(鼻から息を抜きつつ)ンーーーフ」

などなど、人の数だけため息の形はあります。あなたはどんな形でしょうか。

まぁどんな形でも興味はないのですが、このため息をつくという行為、実はかなりリスクを抱えた行為なんです。それに気づかずにカジュアルにため息をつきまくる人が多いため、今回は注意喚起のため記事化していきます。

ため息をつくことによる重大なリスクとは

もう結論を言ってしまいましょう。

臭い!くさい!くせーよ!

これに尽きます。

満員電車の中で浴びるオッサンの深いため息

時間は夜 20 時。自宅に向かう電車は満員状態。山手線内回りの 8 両目も仕事を終えた企業戦士で溢れています。

あなたもその一人。プレゼン資料も締め切りまでにできあがり、明日の商談の準備も万全。心地よい疲れが頭と身体を包み込みこんでいます。

そんなあなたの横に立っているのは、かなりお疲れの様子の先輩企業戦士 44 歳。眉間にしわを寄せながらスマホでメールをチェックしており、なにやら真剣に考え込んでいる様子。そう、管理職に休息などないのです。

とはいえあなたもフォローをすることはできません。大変だなぁとは思いつつも、窓の外を流れる景色を見ながら明日のプレゼンのことをぼんやり考えています。

ため息という名の生物兵器

ふとそのとき、先輩 の眉間のしわが一層深く刻まれました。

「ンフウゥゥゥゥーーーー」

そして先輩(オッサン)は深いため息をつきました。人は心底落胆するとここまで息が出るのかと思うほど、深い深いため息でした。

しかし時を同じくして、先輩(オッサン)の前方1メートル近辺は、ドブとウンコと納豆をミックスさせたかのような臭いに包まれました。

(ボエェェ!!!)

臭い。ただただ臭い。本当に臭い。

心底美味しい料理を食すと「美味い!」というシンプルな言葉しか出てこないと聞きます。その逆も然りなのか、頭の中が麻痺したのか、もはや「臭い!」という言葉しかでてきません。

だがしかしその臭いの主は他ならぬ隣の先輩。その言葉を口にするわけにはいきません。

周囲の相当数にその臭いは行き届いている

さらにこれ一回で終わるという保証もありません。

あなたは第二波にそなえ、グッと上下の歯を噛み締め、マフラーで自然に口元を覆い、顔の向きを先輩から少し外しました。

ふと周囲を見ると、先輩の前にいたあなたと同年代と思しき女性も、眉間に深いしわを刻んでいます。ものすごい眼光で先輩を睨みつけつつ、カバンからマスクを取り出し装着し、やはり第二波に備えている様子。

この様子だと、彼女だけではなく周囲の相当数もこの臭いを感じ取っていることでしょう。

だがしかし幸いなことに、第二波が襲うことはありませんでした。

・・・まさか人間の身体からあんな臭いが発せられるとは。あなたは大きなショックを受け、明日のプレゼンのことなど頭からすっかり抜け落ちてしまいました。

あくび同様に、長年の食生活で発酵されたものが吹き出される

以前こんな記事を書きました。
参考▶ 要注意!あんたのあくびは超臭い!事前の周囲確認はマストです