グルメレポートは後でいいから美味しいご飯を楽しもうよ

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

以前は外食時にスマホで撮影なんて!というスタンスでしたが、ブログを運営していることもあり、最近はあまり気にしないようになりました。でも基本的には料理をいただく前のショット程度にとどめ、食事途中は撮影しないようにしています。

グルメブロガーさんの詳細なレポを否定するわけではありません。自分なりのルールというか、まぁそんなもん。周囲に気を配りながらやればいいんでないすかね。

だがしかし、先日個人的にキツい人に出会いました。

スポンサーリンク

グルメレポーター、現る

microphone

そば屋さんでの出来事。

その日は混んでいて相席になりました。よくあることですし、私は相席全然 OK なタイプ。先に座っていたカップルに軽く会釈をして同じテーブルに腰掛けました。

そして次の瞬間からイライラスタート。せっかくの美味しいそばなのに、もう!

何故に私がそんなにイラツイたのかというと・・・

謎のレポーター気取り発言がうるさい

ここから先は各コメントの最初に「わぁ~」が付いていることを想像しながらご覧ください。なおわりと大声。

  • 素敵な雰囲気ぃ~
  • おそば、もっちもちぃ~
  • お酒もおそばに合ぅ~
  • 見てぇ~里芋だよぉ~うれしぃ~
  • 幸せぇ~

事あるごとにいちいちこんな感想めいたことを言うんです。対面に座っている彼氏さんに対して言ってるんですが、彼氏さんもたまったもんじゃないですな。つーかうるせぇぇぇ。

またさらにイラつくのがですね、彼女そういうコメントをした後に必ず周囲をチラチラ見るんです。もうチラッチラ。

「店員さんと仲良くできる私」になりたいらしい

私の座っていた隣のテーブルにいたお客さんが常連さんだったんです。年は20代後半くらいかな?けっこう若いんですがお店のおばちゃんとすごく親密にやり取りしてました。

当初は上記のヘボレポートも「何のアピールよ?」と思いつつ聞いていたのですが、どうやらこの子はそういうことをしたいんでしょう。通の店の店員と親しく話す私ドヤ!みたいな?

この後負けじと他の店員さんに対し「すごぉ~くおいしいですぅ~」とこれまた大声で絡んでました。

でもね、私は知っています。その店員さんは最近入ったバイトです。隣のテーブルで話していたおばちゃんが店を仕切っている人ですよ。残念でした。

ちなみにこの子、一眼レフカメラでカシャカシャ撮影していたので、もしかしたら著名なブロガーさんだったりしてw

そう思うのは 昭和 & 田舎 の躾けのせいか

水田

さて。

別に私も人の食事の仕方にあれこれ言える立場ではありません。でも昭和生まれ田舎育ちなものでけっこう厳しく躾けられました。以下、小さい頃の家の食事でのルール。

  • 食事の時はテレビ禁止
  • ご飯粒を残さない
  • 口にものを入れた状態でぺちゃくちゃ喋らない
  • 肘はつかない
  • 一丁食い禁止(※)
  • 箸で器を引き寄せない

などなど。昭和世代には普通かな?

これがすべて正しいかどうかは分かりませんが、少なくとも他人に不快感を与えることはないと思います。さらに結婚してから嫁ちゃんに指摘されて会得したマナーもあります。

私はこういう食事作法が身についてしまっているので、上記のような人に遭遇すると余計にイラッとしちゃうんでしょうね。

※一丁食いとは

食卓にご飯と、汁物を含めたいくつかのおかずが並んでいる場合、まず一つに箸をつけると、ほかのものには一切手を出さずになくなるまでそれを食べ尽くし、次の食事に手をつけると同じようにそればかりを食べ……といった食べ方である。

wikipedia

スポンサーリンク

好きにすりゃいいけど、ちゃんと食事を楽むのが大前提よ

ハンバーガー

料理の楽しみ方は人それぞれ。もちろんお金を払っているわけですから当然です。

でもお店の中にいるのは私だけじゃありません。スタッフも入れば、他のお客さんもいます。もしかしたら自分の行為が他のお客さんの迷惑になっていることもあります。

私がお店の人なら、普通にモリモリ食べて「うまいっすね!」と声かけてくれるのが一番嬉しいと思います。具材を褒めるのはテレビの中のレポーターだけでいい。

そうして通ってれば普通に仲良くなりますって。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。