ターゲットを絞りこんだ表現と、他の層に不快感を与えるかもしれない覚悟

日本の文字には「ひらがな」「カタカナ」「漢字」があります。当ブログでは明確なポリシーはないですけども、意図的に少しだけ「ひらがな」を多めにしています。

「皆」ではなく「みんな」、「一つ」ではなく「ひとつ」、「随分」ではなく「ずいぶん」などなど。自己満足かもしれませんが、たとえお固い話題の記事でも少しでも読みやすくなればな〜と思っております。

表現方法ひとつで言葉の印象は大きく変わる

game-768514_640

このように、表現方法ひとつで読み手の捉え方はずいぶん変わってきます。それは表現する側が意図的にコントロールできちゃうんですよね。

たとえば求人広告。

  • 仕事 → シゴト
  • 働く → ハタラク
  • 会社 → カイシャ

どうでしょう。漢字からカタカナにすることで、いきなりカジュアルになりました。こういう表現よく目にしませんか?

ちなみにひらがなだとこうなります

  • 仕事 → しごと
  • 働く → はたらく
  • 会社 → かいしゃ