個人情報漏洩を過度に恐れる気持ちがよくわからんのです

日本年金機構の個人情報漏洩問題は、結局これまでに類を見ない規模の101万人/125万件の個人情報が流出するに至りました。

参考▶年金個人情報流出騒動の規模感と影響範囲、我々がやるべきこと

「サイバー攻撃による流出」とか言われてますが、こんなん情弱が招いた人災です。うちの母ちゃんにPC触らせるようなレベルの話ですわ。

年金機構から125万件の個人情報が流出した問題では、所管する厚労省部局の連携不足も被害を広げる一因となった。組織の一元化に併せ、サイバーセキュリティー対策を担当する人員も増やす。幹部ら職員の処分について、塩崎厚労相は「私自身もけじめをつける」と述べた。

日本経済新聞

とありますが、「職員は外部とメールできないようにしました!」などというそうじゃないだろ対策に帰結しそうな気がしてなりません。今回の根本にあるのは、職員のリテラシーの低さだと思います(ここでいうリテラシーは、広義の情報リテラシーです)。

いまちょうどこのマンガで似たような話をしてますが、国の中枢にもこうしたことに本能的に鼻が利く人がいてほしいもんです。連載中の原作ではちょうど最近そんな人が出てきたところ。

個人情報は漏れて当たり前という認識

さてそんなことを偉そうに言う私ですが、実際のところ 100% 確実に機密情報がプロテクトされることは不可能だと考えています。悪意のアタックによってシステムの穴を突かれることもあれば、今回のように悪意のない拡散もあり得ます。

つまり「個人情報など漏れるもの」というのが私の考え方。

少し例を挙げてみましょう。

住所氏名電話番号なんて昔から漏れまくり

家電話

私は広告を卒業した18歳の春から一人暮らしを始めました。当時はまだ携帯電話はなかったので、部屋に電話を引いていました。すると不思議なことに見知らぬ会社から電話がかかってくるんですよ。

「春から一人暮らしで大変でしょうからこんな商品を。」

「将来に備えて貯蓄できるこんな商品を。」

「五反田さんと同じくらいの人が集まるコミュニケーションスペースに加入しませんか。」

などなど。当時はまだピュアでウブだった私。慣れるまではバカ正直に毎回1時間くらいはお話をしていました。

でも疑問に思いますよね。別に電話帳に載せているわけでもないのに、なぜ私の電話番号を知っているのか。それ以上に、私が一人暮らしだということや、18歳であるということ、そうした属性情報まで知られているのはなぜのか。

んで調べてみると、どうやら「名簿屋」というものがあるらしいと。電話をかけてくるような業者さんは、そこで求める属性に合致する個人情報を購入し、そのリストに基づいて電話アタックをかけていたのでしょう。

もちろん私も実家の親も、お金欲しさに自分の情報を売るなんていうことはしていません。漏れどころは色々と考えられますが、自分がちゃんとしているつもりでも、どこからか情報なんて漏れるんだなと学んだ最初の例でした。

実家の家族構成なども漏れまくり

猿の親子

そして私が20代半ばになると、今度は実家に謎の電話がかかり始めます。ターゲットは私の両親です。

「お子さんも巣立ったところでこんな金融商品を。」

「そろそろお孫さんが生まれる頃では~」

「お孫さんのためにもこんな貯蓄商品を~」