ロン毛の毛先が跳ねる理由は超簡単なことだった

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  2 Pocket 

以前の記事でこんなことを書いたように

そして現在ですが、ひさしぶりに伸ばしています。結婚してからこんなに長いのは初めて。トップの長さで 20 cm くらいかな。やー新鮮新鮮。

男性だからコンディショナー不要?いやいや使ってみなはれ

世間的にはまだまだロン毛とは言わないでしょうけど、自分的には超ロン毛状態をキープしています。

ロン毛男

はじめまして五反田ひろしです。

ショートヘア時代の、シャンプーしてタオルドライしてジェルつけて終了!というのも楽でした。でもハードジェルがゆえに、いったん崩れると元に戻しづらかったりするのが難点で。

ロン毛はその点楽です。少し崩れても手ぐしで元どおり。バッキバキからサラッサラへ華麗にイメチェンです。いやぜんぜん言うほどロン毛じゃないですが。

ただロン毛生活も良いことばかりではありません。なにがきっかけか不明ですが、頻繁に発生するある症状に悩ませられることになります。

スポンサーリンク

気がつくと毛先が跳ねている

そうなんです。朝はきれいにセットされていても、昼を過ぎたくらいには毛先がぴょんぴょん跳ねていることが多々あります。説明が難しいけど・・・そうそう、こんな感じになる。

トイレに行って気がつくと押さえつけて直しますが、もはや時すでに遅し。その日はずーっと跳ねまくりです。

高校生の頃とか、もっと長いときでもはこんな跳ねはなかったのに。もしかしたら老いによって水分が減ってしまったためなのかもしれません。悲しい。

散髪した日は大丈夫 → なにかしてるのかも?

ヘアサロン

ただ解せないことが一点。

私は月 1 のペースで散髪に行くのですが、散髪をした日はぜったいに跳ねないんです。おかしい。なにか私が気付いていない秘密があるはず。

先日美容室に行った際、いつもよりも注意深く観察してみました。

カットによる毛量減

もちろんただカットするだけではなく、全体的に梳いたりチョップしたりするので、毛量は減り軽くなります。でも基本的な長さはさほど変わらないので、これは関係なさそう。

シャンプーとコンディショナー

美容師さんに教えてもらったやつ使ってるし、これはないでしょう。

整髪料

この可能性も高そうですが、整髪料もやはり同じものを使っています。やはり原因にはなりません。

高いけどいいです!

うーん。特に原因と思われるものはない。実はただのくせ毛なのかしら。

だがしかし、ひとつだけ見落としていた行為があったのです。

ブロー(ドライヤーで乾かす)の重要性

ブローしている女性

あまりにも当たり前の行為なので抜けてましたが、ドライヤーでしっかりブローするという行為がありました。そういえばいつも最後に髪の毛を流した後、軽くブローしてから整髪剤をつけていました。可能性があるとすればそれくらい。

ということで先日嫁ちゃんのドライヤーを失敬。美容室でやられるのと同じように丁寧にブローして、やや水分が残っているかな?状態で整髪料を使用してみました。

結果としてあんなに困っていた髪の毛の跳ねは一切なくなりました。あまりにも普通のことで拍子抜け。

なにもうブローってめちゃ大事なんじゃん!と。そりゃ家電メーカーもいろんな種類のドライヤー出すわ。

そりゃ使ったことなきゃ有り難さもわからない

一方これまでの私。ドライヤーなんぞほぼ使ったことがありませんでした。いつでも自然乾燥。朝のシャワーから出たら、タオルでガシガシして水分抜いて整髪料をつけて終了。

さらに私毛量多い & 固いなので、ハードタイプのジェルばかり使ってまして。髪の毛が跳ねるもなにも、固めちゃうから関係ない。そりゃドライヤー様の有り難さなんてわかるはずもない。

※じゃあ高校生のころはなぜ跳ねなかったんでしょう。そりゃもう「老い」かなと思います。

スポンサーリンク

たまにはネットを使わず自力で解決するのも楽しいよ

こうして毛先が跳ねて困るという、私の小さな悩みは解消されたのでした。

なおここまで自力で解決してから、ふと「髪の毛 跳ねる」で検索すると・・・まー出るわ出るわ。やっぱりある程度髪の毛が伸びたらブローって大切なのね。

※ブローをするにしても、間違ったやり方だとやはり跳ねるようです。私上手いのかしら。

最初から検索すれば解決も早かったかもしれません。でもネットを使わずに試行錯誤しながら解決策を探すのって、けっこう楽しいもんです。昔はこれが当たり前だったわけだしね。

さぁじゃんじゃん髪伸ばそう。

では再見。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。