昔の無駄が多かった仕事といまを比べられても困るんだよ、オッサン!

Twitter の TL でたまたまこんなツイートを見ました。内容うろ覚えですがこんな感じ。

  • オッサン曰く「昔はもっと猛烈に働いた」。
  • でも昔はメールもないし無駄なやり取りが多かった。
  • 今は効率化されているんだし、若者はそんな話を真に受けるな。

若い子にとっては「せやせや!」と溜飲が下がる意見かもしれません。たしかに武勇伝オヤジはうざい以外の何者でもありません。昔のことなんて知らんがな。

でも本質を理解しておかないといかんよなーと、アラフォーのオッサンは思うわけです。

90年代後半(20年弱前)を振り返ってみる

フロッピーディスク

何をもって「昔」と言うかは難しいですが、ひとまず私が社会人になった90年代後半を振り返ってみます。

PC は2~3人に1台状態

少なくともオフィス所属だったら、いまは考えられないでしょうね。誰も使ってなかったんで、実質私が独占してました。

PC をいじっていると遊んでいると思われる

データ分析をして課題を発見するためには、PC が必要不可欠。が、そんなことをやってると周囲から「五反田くんはパソコン好きだもんね~」と軽くイヤミを言われたもんです。

フロッピーディスクが現役

容量 1MB 程度と、今考えると何に使うのそれ?という記憶媒体。ですが当時はデータの受け渡しはフロッピーディスクが主流でした。

どうしてメールで送らなかったの?と思うかもしれませんが、当時はメールサーバーの容量もめっちゃ少なくてですね・・・いつか記事にするかもしれませんが、私友人の会社のメールサーバーをパンクさせたことがあります^ ^;

メールに気がつかない

「メール送りましたよー」と電話を入れないと、システム部の人間以外は気付いてくれません。

メールは正式な連絡手段ではない

「出張報告をメールで送りました」と部長席に報告をしに行ったら、30分ほど怒られ続けた記憶があります。紙の報告書以外は認めんと。いまじゃ信じられませんね。

総じて手書き作業はやはり多かった

社内外ともにそんな状況だったので、手書き作業はやっぱり多かったですよ。書き上げた伝票の山が成果や!とドヤる人も多かったですが、それもやむ無しとされるような世の中でした。

やっぱり昔の仕事って無駄が多かったようだ

古いコンピュータ

ところがあれから20年弱、仕事の仕方もだいぶ変わりました。連絡手段は電話よりもメールや SNS が多くなりましたし、手で文字を書くのなんて宅配便のサインくらい。

PC もどんどん小さくハイスペックになりますし、紙書類もいま以上に姿を消していくでしょう。

改めて冒頭の話を思い出します。

  • オッサン曰く「昔はもっと猛烈に働いた」。
  • でも昔はメールもないし無駄なやり取りが多かった。
  • 今は効率化されているんだし、若者はそんな話を真に受けるな。