南インドミールス好きが集うエリックサウス@東京駅八重洲地下街

インドカレー屋さんというと、インド人 or ネパール人スタッフ数人で切り盛りしているイメージが大きいです。日本語と英単語を織り交ぜて、「超激辛にして!」とか「お代わりライスはハーフサイズね!」など、いろいろとリクエストするのも楽しいものです。

特に南インド料理屋さんでそれは顕著。一般的なカレー=北インドカレーと比べると店舗の絶対数も少ないため、ノウハウを持つ日本人もまだそこまで多くはありません。必然的にインド人主体での営業体制になっていきます。

なお数少ない中でも日本人主体の店舗といえば、大森の「ケララの風Ⅱ」が代表的。いつも美味しくいただいております。
参考▶大森のケララの風Ⅱで初めて知った、南インドランチミールスの正しい食べ方

しかし実は都心にはもうひとつ、(たぶん)日本人主体の南インド料理屋さんがあるのです。それが今回ご紹介するこちらのお店。

エリックサウス@東京駅八重洲地下街

エリックサウス外観1

東京駅と書いてますが、地下街をかなり歩きます。八重洲地下街をまっすぐ進み、「あらもしかして道間違えた??」と不安になった頃に現れます。それくらいはじっこ。

佇まいは見てお分かりのように、いわゆるインドカレー屋という感じではありません。かなり小ぎれいで、女性1人でも気軽に入れる清潔感。これは日本人の感性が大きいでしょう。

そんなきれいなお店に、この日はオッサン1名でおじゃましました。

店内は写真にある真ん中にカウンター席(12人分くらい)があり、壁向きカウンター席(5人分くらい)、そして4人がけのテーブル席が2つという構成。私は真ん中のカウンターに座りましたが、なかなかきつい。

お代わりが止まらないヘルシーな菜食ミールス

もちろん注文するのはミールスなのですが、こちらのお店では3種類ありまして。

  • レギュラーミールス(1,180円)
  • エリックミールス(1,450円)
  • 菜食ミールス(1,450円)