駒沢大学の AMI(アミ)でいただく丁寧な南インドカレープレート

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  2 Pocket 

当ブログの 南インド料理カテゴリ にあるお店たち。もちろん南インド料理ならなんでもいいのかというと、そうではありません。食べに行ったはいいが、うーんガッカリというパターンもあります。わざわざ記事にすることはありませんが。

なので当カテゴリに掲載しているお店というのは、(あくまで私が)本当に美味しい/リピートしたいと思ったお店です。

んで今回、久しぶりにハイレベルの南インド料理と出会うことができました。

スポンサーリンク

AMI @ 駒沢大学

AMI外観1

それがこちらのお店 “AMI” です。嫁ちゃんに教えてもらい、一緒に行きました。

電車で行く場合は駒沢大学駅が最寄りになるのかな?駅からはけっこう距離がありそうだったので、私は渋谷駅からバスに乗り駒沢中学校で下車 → 徒歩 3 分程度で到着しました。この行き方が楽だと思います。

なお住宅街に位置していて、いかにも「インドです!」という外観ではないのでスルー注意です。

全体的にセンスが良い

こちらのお店ですが、どうやら女性店主がお一人で切り盛りしている様子。彼女のセンスでしょう、外観はもちろんのこと、店内の装飾もすごく統一感があり、きめ細かなセンスを感じました。

テーブルの上の花ひとつとっても、男だとなかなかこういう気遣いできないよなーと感心。

なお店内は 6 ~ 7 席程度のカウンターと、2 人がけのテーブルが 3 つくらい。あと奥に小部屋があったと思います。

メニューはシンプル

AMIメニュー

メニューは 2 種類のみといたってシンプル。

  • プレート 1 種:1,000 円
  • プレート 2 種:1,200 円

メニューにある 3 種類のカレーの中から好きなものをチョイスする形。カレーの種類は固定ではなく、一定期間で変わっていくんだと思います。飲みものはソフトドリンクもビールもありです。

今回は私がプレート 2 種、嫁ちゃんが 1 種をオーダーしました。

スポンサーリンク

肝心のカレーはどうか

見た目がカラフルで楽しい

まずはプレート 2 種(大盛りにした気がしますが失念)がこちら。右がチキンカレー、左がキャベツのムングダルクートゥ。手前側には数種のアチャール(つけもの)が。

AMIプレート2

奥のほうで見えづらいですが、嫁ちゃんはプレート 1 種で、さつまいものアーンドラ風コザンブ。

AMIプレート1

私基本的に写真は加工せずにアップするのですが、それでもこの彩りの鮮やかさはわかると思います。インド料理ってやはりカレーがメインなのでともすると赤茶っぽくなりがちなのですが、すごくカラフルで素敵です。

丁寧な味

一瞬で完食してしまったのですが、一言で言うと「丁寧な味」

たいていの南インド料理店は、南インド出身のシェフが腕をふるうので料理全体に「現地感」があります。多少ラフな味付けで、行くたびに味が変わることがあったとしてもご愛嬌。それも込みで楽しみます。

一方こちらの料理は非常にきめ細かく、優しく深い味わい。作っている様子をチラ見したのですが、単に作り置きを温めているのではなく、ちゃんと一皿一皿味見しながら作っていました。超丁寧な仕事っぷり。

丁寧が故に時間もかかる

ゆえにふつうのインド料理屋と比べれば、オーダーしてから出てくるまでの時間はかかります。そりゃ一人でそんな手間かけてれば時間もかかりますわ。

なのでカフェをイメージした行ったほうがいいかもしれません。ゆっくりとした時間の中、好きな雑誌を読んでいると、ちょうどいい頃合いで美味しいカレーが出てきます。※近所のラーメン屋の時間つぶし週刊誌と一緒にしないでくださいね。

逆に、街のカレー屋さんのノリと味を期待する人は行かないほうがいいでしょうね。

近くにあれば通うのにな

ということで、時間と空間、そして丁寧な仕事と味を楽しむ。そんなお店でした。

惜しむらくは行きづらいこと。近くにあれば完全常連化しますわー。

お近くにお住まいの方は上記を踏まえ、ぜひ一度足を運んでみてください。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。