体罰は反対だけど、それが当たり前の時代だってあったのよ

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  6 Pocket  2

すべては移り変わります。諸行無常なり。

小学生のころ、地元にやってきた PL 学園の試合を見に行ったもんです。もちろんお目当ては桑田 & 清原。かっこよかったなぁ。俺もいつかはああなるぞ・・・!と目を輝かせていた10歳かそこらの時代。

それが今や「γ-GTPがやばい」だの「怪我の治りが遅い」だのいう体たらく。あの頃自分が思い描いていた大人ってこんなだったっけ。まぁお互い様か(時事ネタ)。

さて PL 学園に関しては、昔から部内での暴力行為がたびたびメディアに取り上げられ、問題視されていました。それに加えて監督不在問題。もはやかつての強い PL が帰ってくる可能性はゼロとなりました。それはすなわち PL 教団の広告塔として機能しなくなることを意味し、今回の決断に至るという流れなんでしょう。

寂しいなぁ~と思いつつ、ふと自分の小中学生時代を思い返すと、「あれ、私も先生からふつうに暴力受けてたな」ということを思い出しました。

ということで今回は私がかつて受けた教師からの暴力?体罰?をご紹介。

スポンサーリンク

教室の前から後までビンタ

ノート

あれは確か小3のころ。

ある日私は宿題をちゃんと家でやったのに、学校に持ってくるのを忘れてしまいました。痛恨の極み。

当時の担任はキツめのジャージがよく似合う男性でしたが、私が宿題を提出できなかったことを発見すると、超激怒。

当然理由を聞かれるのですが、ここからがひどかった。

ジャージ「なんで持ってこなかった?」

私『(やったけど)持ってくるのを忘れました』

ジャージ「バァン!(ビンタの音)」

ジャージ「なんで(略」

私『持ってくるのを(略』

ジャージ「バァン!」

以下ループ。

教室の黒板前から始まり、一発喰らうごとに後ずさり。さらにビンタで後ずさり。気がついたら教室の後の黒板まで追い詰められていました。

最終的には私が泣きながら『宿題忘れてごめんなさい!明日持ってきます!』と許しを請うことで、ビンタループも終了しました。女子の前で恥かかせやがって!

至近距離での1,000本ノック

ボール

小学5年生になると、私は軟式野球のリトルリーグに入部しました。学校内部の部活ではなく、あくまでも外部の団体。しかし監督は学校の先生という、田舎らしく曖昧な状態でした。

んである時。全っ然原因がわからないのですが、いきなり監督(先生)がキレ出しました。ええ?私素振りしてただけですが。

キレた監督は私を三塁守備につかせました。ええ?私三塁なんて守ったことないでしょ??とはいえ監督命令。渋々三塁ベース横に立ち、腰を落とします。

すると「前進じゃぁ!」と怒られます。一歩前に出て怒られ、二歩前に出て怒られ。結局塁間の半分くらい前進した気が。

そこからは容赦のないノック天国。ゴロもライナーもよりどりみどり。体や額にボールが当たってもお構いなし。鬼の形相でした。

1,000本は盛りましたが、近くにいたチームメイトによると100数本は打たれたようです。そうして最後の一球を打ち終わると、車に乗って帰って行きました。なんなのよもう。

これはいま思い出してもそんなに怒らせちゃった原因がわかりません。虫の居所が悪かったんだろうとしか考えられませんな。

※なお途中からはこちらも覚醒し、わりとキャッチできるようになっていましたww

屁理屈を言ったらぶちかまし

消しゴム

中学に入ると少しずつ先生をなめはじめます。さらに中1のころはひどい学校にいましたので、先輩を見習ってだんだんと先生に対する態度も横柄に。

んである日のこと。確か社会の授業でした。

なんとなく暇だったので、私は消しゴムを小さくカットし、輪ゴムで前の席のクラスメイトにぶつけて遊んでいました。迷惑なやつです。

するとある時、手元が狂って教壇に立つ先生(50代男性)の手元に飛んでいってしまいました。すぐに私の仕業とバレます。

先生「授業中に何投げて遊んでるんだお前は!」

私『投げてるんじゃなくてこれ(ゴム)で飛ばしてました』

先生「バァン!(斜め下からのぶちかましビンタ) お前は相当甘やかされて育ったようだな!」

さすがに調子に乗りすぎました。

↑これおもしろいっす。

先生を主人公にしたマンガが見つかってこめかみゲンコツ

画家

そして中2くらいの頃。理科の先生がすごく特徴的な御仁でして。ハゲデブメガネ、生徒が起きていようが寝てようが、常に一定のペースで授業を進める方でした。それだけ聞くと害のない先生に見えます。

その日の授業があまりにも暇だったので、ノートの端に落書きを始めました。しかもただの落書きではなく、4コママンガです。

実は私絵心がありましてですね。先生を主人公にしたひどい内容のマンガをよく描いていたんですが、それがクラスの仲間にそこそこ人気で。その日も承認欲求を満たすために、授業そっちのけで黙々と作品を描いていました。

ところが、やはりバレます。ノートを取り上げられ、マンガもしっかり読まれてしまいました。

先生「・・・ひろし、立ちなさい」

私『はい・・・』

先生「ゴオン!(こめかみ付近に鉄拳)」

・・・大変申し訳ございませんでした。

アレがばれてビンタ

煙

高校3年生のころ。大学入試前のピリピリしたムードが漂っている校内。

だがしかし、そんなタイミングでアレが先生にばれます。煙がモクモク出るアレです。一般生徒のタレコミでした。

友人数名と生徒指導室へ呼ばれます。

先生「おいひろし・・・」

私『はい・・・』

先生「信じてたんだぞ!バァン!(✕2発)」

私優等生だったもので、先生の怒りもひとしおだったかと。これはもう何も言えません。先生ごめんね、もうやめてます。

スポンサーリンク

時代は変わるもんだよね

ノスタルジー

他にも蹴られたり胸ぐら掴まれて投げられたり、いろいろあったっけ。とりあえず覚えているものを時系列にピックアップしてみました。

まぁ教師の体罰問題というのは難しい話ですやね。ケースバイケースでしょうし、体罰と取るか愛のムチと取るかは受け手次第。

私の場合は時に大人の理不尽さを学びましたし、時に悪いことをすると叱られるという当然のことを、その身を持って叩きこまれました。でもどの先生も別に嫌いじゃなかったですし、いわゆる体罰行為が教師に対する好き嫌いの判断材料になることはありませんでしたね。手を出さなくても嫌なやつは嫌でしたし。

しかしいま大人になって思うのは、よくもまぁ簡単に手を出していたなと。しかも人様の子にw そんな時代だったんでしょうね。

以上、昭和生まれオッサンあるあるでした!

では再見。

スポンサーリンク

こちらも読まれています

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。