成熟した大人の男を一言で言い表すならば・・・

男性と女性には違いがあります。アレが有るとかアレが無いとか、そんな外見の話じゃありません。思考の違いです。

その違いがわからないうちは、お互い多くのストレスを感じるもの。新婚の夫婦が喧嘩が絶えず「こんなはずじゃなかった」と悩んだり。でもそんなの時間をかけて肌感覚で理解しちゃえば、別にどーってことはない。

今回はそんなお話。

男女間の思考の違い

男女足元

よく「女性は子宮で考える」とか言われますね。なんか意味ありげな感じですが、いまだに意味がよくわかりません。つまるところ女性のほうが、(一般的には)良くも悪くも感覚的な思考をするということなんでしょう。

いや感覚的であるというよりも、論理的ではないと言ったほうがしっくり来るのかな。女性と口喧嘩をして、どんどん論点がずれてくる経験をしたことありますよね。ああいうことなのかなと。

※ところで論点ずれてることを指摘すると、なんでこっちが怒られるんでしょうね。重箱の隅をつついていやらしい!的に言われ、なぜだか器の小さい男扱いされてみたり。あるある。

でもしょうがないんです。それが人間の営み。太古の昔より人々はそうやって衝突し、男はモヤモヤを抱えながら生きてきたわけです。

論理的に正しいことが正解というわけではない

男女

だがしかし、時にそれが理解できない、あるいは下手くそな大人の男性も存在します。

電車で隣りにいたカップルの会話

先日電車の中で私の隣に座った男女が口喧嘩を始めました。ぱっと見30歳は越しているベテランカップル。

最初は

男性「こうだったよね~(笑顔)」

女性「え~私はこう思ったけどな~(笑顔)」

こんな程度で普通に話していました。しかし徐々にその意見の相違がエスカレート。

最終的には

男性「これこれこうだから、絶対にこうなんだよ(怒)」

女性「ごめんさい、だって、それでも(泣)」