うるさい選挙活動にはこんな効果が!政策なんぞ誰も聞いてないもんね

先日4/26(日)に統一地方選挙がありました。ちゃんと投票行きました?

この翌日にたまたま会った知り合いの女性(成人)に、投票したのか?したなら誰に投票したのか?を聞いてみました。「えー、選挙ってあったの?」という返答を想像していましたが、意外と彼女はちゃんと投票してました。偉いな。

しかしさらに話を進めていくと驚愕の事実があったのでした。

投票に政策は関係なし

投票

「へー、誰に投票したの?」と聞いてみました。すると

『○○さん 次世代の党』

と明確に党名と氏名を言うことができていました。

ほほう、普段はホンワカしているように見えて、意外と政治に興味を持っており、特に次世代の党には大きな期待を寄せていると。

人は見かけによらないものと反省しつつ、流れで「なんでその人に投票したの?」と聞いてみると・・・

『え、名前知ってるのその人だけだったから』

はぁ。もうちょい掘り下げてみると、

  • 駅前で一番立ってた
  • 他の候補者と比べうざくなかった
  • 選挙期間前からよく立ってて頑張ってる印象を受けていた

これによって彼女の頭の中に候補者の名前が刷り込まれ、そのまま投票したということのようです。ちなみに政党名は投票所で知ったとのこと。

当選を勝ち取るためのたった2つだけのポイント

どうやら選挙の票集めに必要なものは実はたった2点に集約されるということが分かりました。

選挙活動で必要なこと

  1. どれだけ皆に顔と名前を覚えてもらったか
  2. どれだけ悪印象を与えなかったか