なぜパスポートの有効期限は 5 年が推奨されるのか

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

日本国民であることの証明書であるパスポート。

パスポートを日本国内で身分証明書として使用している人はほとんどいないと思いますが、海外では現金よりもクレジットカードよりも重要なものです。

海外でなにかアクシデントに見舞われたとしても、最悪パスポートさえあれば、日本領事館に行けばなんとかなります(たぶん)。

さてそのパスポート、日本では「 5 年」と「 10 年」どちらかの期間を選択できます。

5 年ごとにお金かけて作りなおすの面倒。ふつう 10 年でしょ。

そういう人、多いです。私の周りでも多い。

しかし私は猛烈に「 5 年」を推奨します。

スポンサーリンク

はじめに:パスポート有効期限の 5 年と 10 年の違い

まずは先に有効期限 5 年と 10 年の違いを見比べてみましょう。

手数料一覧|東京都生活文化局

こちら東京都での価格です。都道府県によって手数料は違う可能性もあるので、お住いのエリアで確認してみてください。

10 年間有効パスポート

東京都手数料 2,000 円 + 収入印紙 14,000 円 = 16,000 円(+写真代)

単純計算で 1 年あたり 1,600 円となります。

5 年間有効パスポート

東京都手数料 2,000 円 + 収入印紙 9,000 円 = 11,000 円(+写真代)

これが 2 回ということなので、 10 年間だと倍の 22,000 円(+写真代)となります。

1 年あたり 2,200 円と、 10 年間有効パスポートを一回でぽーんと作ることに比べてコストも手間もかかります。

それでも 5 年を推奨します

パスポートの申請って時期によってはめっちゃ混雑して待ち時間が長いです。しかも毎年作るものじゃないので、申請書の不備なども多く、さらに待たされることもあります。

そうしたコストやストレスを鑑みても、ふつうに考えれば 10 年が良さそうなのですが・・・いったいなぜ私は 5 年を推すのでしょうか。

その背景にはこんな悲しい出来事があったのです。

およそ 10 年という歳月が突きつけた悲しい現実

それは 2015 年の話。

私は仕事で海外某国へ行きました。海外へ行くのは 7 ~ 8 年ぶりとずいぶん久しぶり。

パスポートは 10 年のやつで、このとき有効期限 9 年経過くらいだったと記憶しています。

飛行機は落ちずに無事に着陸。現地の空港に降り立ち、預けていた荷物も無事に受け取り、あとはイミグレーションをさら~っと通れば入国完了。

イミグレではたまーに質問をされることはありますが、難しいことはありません。

だがしかし、この時は違いました。

パスポートの写真と現物に差がありすぎて止められる

職員「ジロジロ・・・ジロジロ・・・」

私「・・・(穏やかな笑み)」

職員「ジロジロ・・・(パスポートと私を何度も見る)」

私「・・・(長すぎ!何やねん)」

職員「◯△◯✕!?(後ろから人を呼んできて、私とパスポートを見ながらなにか話している!)」

私「・・・(なんなのなんなの。脇汗ジットリ)」

職員「・・・ずいぶん太ったようだな(スタンプトントーン)」

OMG!

そう、パスポートの写真と比べ、現物の私が相当丸くなっていたので、念入りに確認をしていたようなのです。

そこまで太ってると思ってなかったのでショック

確かに 9 年前と比べれば太りました。 10 kg くらい太りました。それは認めます。

ですが私の認識では、それはすべてお腹周りの話。脱げばすごいけど、服を着ていれば変わらない。つまり顔も 9 年前のまま。のはずでした。

ところが第三者視点では、別人かも?と疑念を持つほどに変わり果てていた(太っていた)ということなのです。これは大ショック。

新しいパスポートの写真と並べて比較して愕然

帰国後、すぐにパスポートの更新を行いました。

10 年という歳月は人の見た目を大きく変えるようだ

ということが上述の経験からわかっていましたので、迷わず 5 年を選択。

そしてできあがった新しいパスポートの写真と、以前の 10 年前のパスポートの写真を見比べて愕然としました。

明らかに太って顔のパーツが中心に寄っていた・・・

図で示すとこのような感じです。

まずは 10 年前の私。スリムなナイスガイ。

そして 10 年後(現在)の私

そしてここに 10 年前の輪郭を当ててみると・・・

まさにこんな感じ。顔のパーツの配置は変わらず、肉だけが外側にたんまりとついてしまいました。

そのため、太ってしまったことは一目瞭然のこと、顔のパーツが中心に集まっているように見えています。これはイミグレの職員が正しい。ぐうの音も出ませんわ・・・。

スポンサーリンク

公的な身分証なんだからできるだけ最新の状態にしておこう

ということで特にいま現在 20 代以上のみなさん。これからパスポート申請をするなら必ず「 5 年」を選択しましょう。

金はかかりますがそんなことは大した問題じゃありません。慣れない国で引き止められるのって、けっこう焦りますよ。

いま 33 歳だけど、全然変わってないから大丈夫じゃね?

いえ、非常に高い確率で変わります。そこまで太らないにしてもやはり少しずつ肉が緩んできます。

もう 45 歳だし 10 年で良くない?

55 歳まで太らないとどうして言えますか?

男子三日会わざればなんとやら。なのに 10 年変わらないと断言できる根拠など誰にもありません。

まじめな話、パスポートは日本国民であるという身分を示す国際公文書なわけですから、できるかぎり最新の状態に近い写真を使うべきです。

国内の運転免許証の有効期限が最長 5 年ということも、おそらくそういう理由なんでしょうね。(それは適当)

では再見。

スポンサーリンク

こちらも読まれています

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。