全国にあり毎日使うコンビニだからこそ、ストレスも感じれば感謝もする

いまや日本全国におよそ49,000軒もあるコンビニエンスストア(2014年3月末)。通称コンビニ。

私の自宅の近所にもいくつかのコンビニがあります。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといったお馴染みの三巨塔です。もともととある理由からファミマ派ということもあり、利用頻度としてはファミマが断然多し。次いでセブン。ローソンはあまり。

ファミマ LOVE な理由は記事下部で確認していただくとして、今回はそんな毎日のコンビニ利用で思うことをアレコレと。

ポイントカード受け渡しで分かれる評価の明暗

ポイントカード

コンビニ各社ではそれぞれ独自のポイントカードを使用しています。

  • ファミリーマート = Tポイントカード
  • セブン-イレブン = nanaco
  • ローソン = Ponta

これらのカードの仕組みは簡単。お開会時にカードを渡してレジを通されるとポイントが貯まり、当該コンビニもしくは提携施設で使用できるようになるというもの。消費者が関連グループ内でぐるぐる回るようになることが理想型ですね。

またこのカードには個人情報が紐付いており、我々カードホルダーの購買行動の蓄積が、ビッグデータとして企業のマーケティングに使用されるそうです。

レジでの小さなストレス

さてこのポイントカード。実際はこんな流れが多いでしょうか。

(店員)「お会計693円です。ポイントカードをお持ちでしたらお預かりします。」

(私)はいはい・・・とカードを渡す。そのまま小銭を探す。3円3円・・・

(店員)「カードお返ししま~す」

(私)カード受け取りつつ小銭探す。あと2円・・・