アパレル業界巨大リストラ2連発!この流れはまだ続きそうな予感が・・・

企業は永遠に存続することを目指さないといけません。でももちろん業績は山あり谷あり。時には事業縮小や人員削減といった、いわゆるリストラを実施せざるを得ない状況に置かれることだってあります。

今回もそんな苦しいお話。長いことアパレル業界に身を置いていた人間にとっては、ちょっと驚いちゃうニュースが相次いでいます。

TSI ホールディングスの豪快リストラ

mixtokyo

画像:同社ECサイト MIX.Tokyo

まずは5/15に TSI ホールディングスから発表されたこちらのリリース。

既存事業の収益化に向けた構造改革(子会社の解散及びブランド廃止並びに人員体制の再構築)について

TSI ホールディングスは、東京スタイルとサンエー・インターナショナルという2社の共同株式移転により、2011年に設立された会社。当時の勝手なイメージとしては、お固いけど財務体質の強い東京スタイルと、ヤングキャリアに強いサンエーがくっつくということで、よりサンエーのブランド達が強化されていくのかな?と思ってました。

だがしかし・・・

  • 【解散】株式会社Planet Blue Japan
  • 【解散】株式会社TOKYOSTYLE インプレスライン
  • 【8/31でブランド廃止(東京スタイル)】①ブラン ルビエ ②スタイル コム ③ブリジット ④セーヌ ドゥー ⑤スタイル ミー
  • 【8/31でブランド廃止(サンエーint)】①ボディ ドレッシング ②レベッカミンコフ ③バービーキッズ ④ジル スチュアート ニューヨーク

2社、9ブランドという弩級の削減を発表。グループ全体で早期退職も募集するそうです。運が良ければグループ内での転籍もあるとは思いますが・・・いま携わっている人達はもう生きた心地がしませんがな。きっついなぁ。

負けじと最大手ワールドも大なたバッサリ

world ec

画像:同社ECサイト WORLD ONLINE STORE

さらに5/18に国内アパレル最大手ワールドからも発表が。

ワールドが過去最大規模の大なた 不採算店を閉鎖へ、ブランドの撤退も

「アンタイトル」などのブランドを展開するアパレル大手のワールドは18日、平成27年度中に全約3千店のうち400~500店を閉鎖し、全約100ブランドの1割強にあたる10~15の不採算ブランドを廃止すると発表した。

産経WEST

ぎゃー、これもでかい。まさかのワールドがここまで思い切ったリストラを行うとは。

現段階で廃止するブランドまだ発表されていないものの、生産都合を考えれば早い段階で社内では周知されているんじゃないですかね。

しかし500店舗×5名としても、販売スタッフだけで2,500名の削減か。これまたすごい規模。ワールドの販売スタッフは基本子会社在籍となりますので、以後は業界内でこの会社からの人員派遣の営業が多くなりそ。

いったいどうやって店舗閉鎖をジャッジするのかについては、こちらの記事で書いています。
参考▶アパレル店舗の採算性を正しく判断するためには多角的視点が必要