今さら聞けない相手の趣味趣向をサラリとゲーム感覚で確認する方法

何年も一緒に暮らしていると、家族のことはなんでも知っている・・・というかお互いが阿吽の呼吸で察し合っていると感じます。

もちろん家族だけとは限りません。 5 年も付き合っている彼女、 10 年も一緒に仕事をしている同僚。付き合いが長く、顔を合わせる頻度が多いほど、そう感じることでしょう。

その根底にあるのはコミュニケーション。

常日頃からしっかりとコミュニケーションを取っているからこそ、「あいつはこれ好きだろうな」「嫌いだろうな」「喜ぶだろうな」と想像し、先回りをする=察することができます。

察しているはずがお互いのことが見えていない状況

だがしかし、察すること自体は良いことなんですが、一方でそれ(察すること)が当たり前になると、コミュニケーションの頻度と密度が薄まります。

「昔はあんなに好き好き言ってくれたのに」

「昔はあんなに行きたい所聞いてくれたのに」

ドキィッ!!

付き合ったころは相手のことが知りたくてしょうがない。なにをすれば喜んでくれるんだろう。なにをすれば自分のことを好きになってくれるんだろう。それしか考えません。

でも 1 年たち 3 年たち 5 年もたてば、昔と同じ 2 人ではいられません。よね??

コミュニケーションをさぼって察してばかりいると、やはり「甘え」や「誤差」が生じます。

人のことを 100% 理解するなんてどだい無理な話です。さらに人の考えなんてわりとコロコロ変わります。毎日顔を合わしていてもわからないことだらけ。

ですので、せめて最近の相手がなにを好きなのか/嫌いなのか/興味を持っているのか、くらいはわかっておいたほうがいいと思います。

ゲーム感覚でサラリと相手の趣味趣向を確認できる方法

ただ、もう年々も一緒にいる相手にいまさら根掘り葉掘り聞くのもなぁ・・・という思いもあります。ぶっちゃけると面倒くさい。「なんで知らないの!」と叱責されるヤブヘビな事態も避けたい。

わかります、わかります。

ですがそんな人でも最小限の労力で、ゲーム感覚で、相手の趣味趣向を把握することができる方法があります。よかったら試してみてください。

自分に関するたった 10 個のクイズを一緒に解く

かんたんです。自分のことに関する「かんたんな」質問を 10 個考えて紙に書いてください。 10 個が多ければ 5 個でもいいです。

たとえばこんな塩梅。

  1. 好きな食べもの
  2. 苦手な食べもの
  3. 好きなテレビ番組
  4. 嫌いなテレビ番組
  5. 行ってみたいところ(国内)
  6. 行ってみたいところ(海外)
  7. 今年いちばん感動したこと
  8. 今年いちばん腹が立ったこと
  9. 年内にやってみたいこと
  10. 今年いちばんがんばっていること

で、この設問をノートに書き、「 2 人で同時に」考えて答えてみましょう。そう、相手は自分のことを考え、自分は自分のことを考えます。

見ての通りすごくかんたんなトピックです。でも、相手の好き嫌いって、日々一緒に暮らす中でかなり重要なポイント。たった 1 年前からも変化があるかもしれません。

終わったら次はチェンジ。相手に対する同じ設問を一緒に考えてみましょう。

かんたんでしょう。これなら「人から聞いたんだけどさぁ」なんて言いながらできそうです。

お互いの最新のステータスが確認できる

たったこれだけ。

でもたったこれだけで、

  • お互いの好き嫌いの最新版は確認することができました。
  • お互いが最近なにに心を動かされるのかを知ることができました。
  • お互いがなにに興味があるのかを知ることができました。