メンズセレクトショップのバイイングにもはや差別化は不要なのか

10月に入り、都内も少しずつ秋が近づいていきたように感じます。

とはいえまだ日中は25度を超える日もあり、まだまだ汗をかく日のほうが多いです。これが最高気温がコンスタントに20度を下回るとニットが恋しくなり、最低気温が15度を下回るとアウターを引っ張り出します。

以前の記事でも書いたように、商品にはライフサイクルというものがあります。アウター(コート)は現在はまだ「見せる期間」にあります。実需期に向けてどれだけ消費者の記憶に刷り込みできるか。それがこの時期の大事な戦略です。
参考▶商品ライフサイクル設定:アパレルマーチャンダイザー(MD)の超重要なお仕事

どこのショップに行ってもアウターの品揃えが同じ

ストレス

しかしですね、私この時期になると不満に感じることがあります。それはセレクトショップのアウターのセレクトが笑っちゃうくらいに画一化されているということ。ここ何年も変わりません。

※「セレクトショップ」という言葉もちょっと曖昧ですね。今やどこのブランドも少なからず外部買い付けはするでしょから、以後は「ショップ」で統一します。

この時期 80% 以上のショップに並んでいるもの。それがこちら。

カナダグースというブランドの肉厚ダウンジャケットです。

製品としては非常に優れたものですし、このブランドさんには何も文句はありません。しかし私はこの「この時期 80% 以上のショップに並んでいる」という状況がどーにも気に入らないのです。

そもそも Canada Goose (カナダグース)とは

canada goose

画像:Canada Goose

メイドインカナダにこだわる歴史あるブランド

カナダグースは1957年にカナダで創業。いまでも Made in Canada にこだわって生産を続けているそうです。南極探検隊やエベレスト登山隊などのプロな方々に愛用される一方、近年では上記ウェブサイトからも分かるようにかなりファッション寄りにシフトしています。

確かな品質 × 時代に合ったファッション性が評価され、近年は各ショップでの冬のアウターの定番になっています。

冬のキングオブアウターといえば、保温性と軽さだけ考えてもダウンジャケットがその筆頭に挙げられます。
参考▶東京の冬の寒さをしのぐためのメンズアウターランキング