TOPSHOP は日本市場から撤退しないと思いきや、結局全チャネルから撤退の模様

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

2015年1月末でリアル店舗を全店クローズさせた TOPSHOP さん。当ブログでもその原因についての記事を書き、そこそこアクセスしていただいております。

参考▶TOPSHOP は完全に日本から撤退?失敗した原因/理由を考えてみた

TOPSHOP が失敗した原因を一言で言うと、「マスに売れる体制にできなかった」これに尽きます。本国が直接進出しなかったことや、展開店舗数が少なすぎたということが、さらにその原因だと考えました。

スポンサーリンク

どうやらまだ日本市場を諦めていないらしい

もしかして

ただリアル店舗は閉鎖したにせよ、ZOZOTOWN では販売を続けているし、日本の運営会社のウェブサイトも残っている。うーん、これは「完全撤退」ではないのかな?と思っていたところ、続報が来ました。

日本での商品販売を継続するあらゆる可能性を追求していく

とのこと。これは日本の運営会社が言ってるわけではなく、本家 UK のアルカディア社が言っていること。

なるほど。日本での販売を継続させるためには、おそらく大きく分けて2つの方向性があるはずです。

①パートナー企業探し

パズル

特殊だけど重要な日本市場

日本市場は世界的に見ても特殊だと言われます。

全世界で売筋になっている商品が日本だけは売れないなんてザラ( ZARA の話じゃないですよw)、またはその逆も然り。欧米人とはスタイルも全然違うのでサイズ感も難しい。ファッション感度も高い(ように言われる)。

たかが極東の島国なのに面倒臭い。でもグローバル化を進めるためには、避けては通れない重要な市場です。

国内企業が運営すれば成功確度も上がるはず

かと言っていきなり 100% 現地スタイルで展開するのはどうなんでしょう。当たり外れはありますが、外れの可能性の方が高そう。銀座の某店のようにスタッフに店内で踊られても、見てるこっちが恥ずかしい。

と考えると、100% 本国スタイルで展開するよりも、国内市場を熟知している企業をパートナーにして展開した方が成功の可能性が高いはず。日本国内での販売ライセンスを付与するという形が一般的で、アパレル業界では珍しくないビジネスモデルです。

市場熟知以上に資金力が求められる

ただしライセンスビジネスを行う場合、それなりの制約があります。そして元々のブランド規模が大きければ大きいほど、パートナー企業の負担も大きくなります。何年以内に●●店舗出店するとか、毎年最低でも●●億円は仕入れるとか・・・当たり前ですが成長ありきの契約となります。

つまりパートナー企業には、市場を熟知していることはもちろんのこと、豊富な資金力も求められます。TOPSHOP のような SPA 型ビジネスでは、むしろそっちが大きいはずです。

と考えると「うちのブランド展開したい人~?」と募集しても、簡単に「ハイハーイ!」と手が挙がる状況ではないと思います。なかなかその双方を併せ持つ企業は無いんじゃないでしょうか。

また同じ轍を踏むことになる可能性

結局パートナーに運営を任せることになると、これまでと変わりません。現地企業がやらないと何も動かないし、その企業が立ち行かなくなればゲームオーバーです。

ブランドバリューのことを考えても、さすがに同じ轍は踏まないでしょう。私個人的にはこの線は無いと考えます。

②本国が直接進出

鋭い目

今回 TOPSHOP が失敗した原因を踏まえれば、私は断然直接進出すべきと考えます。

スタッフは日本人で OK だけどトップは絶対に本国の人で

まずトップは絶対に本国の人がやるべきです。もう腹を括って移住してもらいましょう。

市場知識、戦略立案などは数名のプロフェッショナルがサポートすればいいです。本国の戦略を理解したうえで、日本市場にうまーく落とし込める力のある人。すぐに「日本がー」「日本では―」と言わない人。

あとは若くて元気でファッションが大好きなスタッフを!

資金力?あるでしょ~

グローバル企業ですし、資金力はありますよね(たぶん)。万が一こけたら早めに撤退すれば他でカバーできますよ。

それかファイナンスの部分だけ国内企業とパートナーシップを結ぶかですね。

事業推進力もアップ

人任せにできなくなるので、もう本気度も段違い(たぶん)。吉と出るか凶と出るかはしばらくしないと分かりませんが、少なくともこれまでとは桁違いの数の出店攻勢をかけるでしょう。

結局本気でやらないと結果って見えませんからね。なんとなーくトライアルしても全然意味が無い。

本気でやるならお早めに

もちろんリスクはあります。でも、私は続けるならば絶対に本国が直接進出すべきと思います。しかもなるべく早急に。

もしも今年進出できないなら、次のタイミングは皆が忘れた5年後くらいになっちゃいますよ。

スポンサーリンク

結局完全撤退?ZOZOTOWN からも商品が消えた

と、ここまで書いておいて ZOZOTOWN を見ると・・・あら???

TOPSHOP ZOZOTOWN

ZOZOTOWNでは条件に一致する商品は見つかりませんでした。

結局撤退かいっ( ゚д゚)

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。