ひとりごと

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

3 月 11 日の震災から5年を迎えた朝、都内主要駅ではこんなものが配布されていました。

岩手日報(岩手)、河北新報(宮城)、福島民報(福島)といった東北の地元新聞社3社合同での企画紙です。

20160311新聞

良い写真です。よくあえて「海」を持ってきました。

この女性が眺めているのは海なのか、それとも土地なのか。

それまでの生活を根こそぎ奪い取っていった海。そして 5 年経ったいま、それに負けずに新しい生活の形を見出そうとしている人間の営み。その 2 つが同時に描かれています。

いちおう文章も拡大しておきます。

20160311新聞3

さて。

岩手出身の私ですが、実家・親戚ともに幸い大きな被害をまぬがれることができました。しかし沿岸地域に住んでいた当時にリトルリーグの試合でよく訪れていた地域が、みるみるうちに波に飲まれていく姿をネットで見て、なんともやりきれない気持ちになったことを覚えています。自分の中の思い出がひとつ強制的に削除されていく様を目の当たりにしてしまったというか。なんともうまく説明できませんが。

私自身にも震災後に変化がありました。震災絡みの話を見聞きすると、すぐに涙がこぼれるようになってしまいました。オッサンだからかな。「あまちゃん」も泣けて泣けてしょうがなかった。クドカンの野郎。だから昨日の朝にこの紙面を受取り、冒頭の写真を目にしたらもうダメでした。自分でもそれがどういう感情なのか、よくわかっていません。

神戸の震災を経験された方とお話する機会もあります。するとやはり当時の話をしているうちに、街が元気を取り戻していく話をしているうちに、やっぱり涙を流し始める。辛く悲しかったことはもちろんでしょうけど、それだけではない、ものすごく複雑な感情が入り混じっているんだと思います。

はー・・・

ま、そんな感じのひとりごとでした。

では再見。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。