東銀座の萬福でいただく奇をてらわない正しいラーメン

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  5 Pocket  1

以前2年ほど銀座近辺で働いていたときがありました。30前後のころかな?

「美味しいラーメンが食べたい」というときは、とある2軒によくお世話になっていたものです。いまは離れているので頻繁に訪問することはないですが、たまに平日銀座へ行く時には思い出してふらっと入ってしまいます。

今回ご紹介するのはそのうちの1軒。

スポンサーリンク

萬福 @ 東銀座

萬福看板

それが東銀座の萬福。「東京で2番めに古いラーメン屋さん」「創業80年以上」と言われているこちらのお店。後から知りました。

場所もわりとわかりやすいところにあります。東銀座駅を出て歌舞伎座とは逆方面へ数分歩きます。

近所にはポパイや GINZA を発刊しているマガジンハウスもあったり。

外観も雰囲気ありますやね。

萬福外観

これが正しいラーメン

では四の五の言わずに食べましょう。ランチセット定食も豊富なんですが、私はなぜかいつもこのセット。

萬福ワンタンメン

ワンタンメン870円と半ライス100円 = 970円なり。

写真からもわかるようにあっさりした醤油ラーメン。スープをひとくち含んだだけで「ほわぁ〜」とため息が。若干酒が残っている日なんて、これ以上の薬はないと思いますよ。

見た目も美しいですね。日本人に「ラーメンとは?」と尋ねれば、おそらく大半がこうした絵面を想像するんじゃないでしょうか。正しいラーメン。そんな表現がしっくり来ます。

トッピングのチャーシューもメンマもしっかり味がついていて美味しい。ワンタンもちゃんと具が詰まっています。たまに皮だけじゃねーのこれ?というワンタンもありますからね。

やや細の麺も食べやすいので、あっという間に完食してしまいます。

なお私は半分くらい食べたところでコショウを多めにふりかけます。そこからまた勢い良く食べ、スープも最後まで飲み干す!という食べ方。ごちそうさまです。

スポンサーリンク

奇をてらわない「普通」がいい

という東銀座の萬福でした。

いまはさまざまなラーメンがあります。家系、二郎系、博多、長浜、札幌、尾道、あれやこれや。どれも美味しいですし、見た目も実にさまざまですよね。

ただ上述もしたように、この萬福のラーメンは、日本人の心の奥底にある「ラーメン」そのものに思えます。見た目も味も奇をてらわない、行列もできない、良い意味で「普通」のラーメン。

銀座らへんに行くことがあったら、フラッと入ってみてください。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。