廃業したら EC サイトも削除しないと確実にトラブルになるぞ

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  3 Pocket 

中高生のころにガツン!と衝撃を受け、のめり込んでいったファッション、音楽。それはいまでも私のベースとして残り続けています。三つ子の魂百までとはよく言ったもので、最初にハマったものってずっと後までも影響されるもんです。

特に最近は 90 年代ファッションが絶賛リバイバル中。当時を懐かしみつつ楽しんでいるのですが、そんな中ちょっと興奮することがありました。

高校生時代、私の地元ではなかなか入手できずにほぼ雑誌でしか見ることのなかったブランド。でもその T シャツのデザインのかっこよさはずーっと頭の片隅に残っていて、ふと思い出しては検索することがありました。

んで今回、検索方法を変えてみたら大ヒット。おまけにデッドストック。おまけに売れていないのか全品 50 % OFF ですって。これはやばい。

本気で買い占めも考えましたがそれは危険。まずは 1 枚購入し、問題なければ大人の力を発動しようと目論みました。

スポンサーリンク

改めてサイトを確認 → 更新されてない可能性

さて同日深夜。では一発目のオーダーでもしようかねと再び当該サイトへアクセス。しかしこんな好きものアイテムがあるくらいだし、もしかしたら他にも掘り出し物があるかも?改めて冷静になり、サイトを眺めてみました。

サイト1

するとちょっとおかしいことに気がつきます。

最終更新日が 5 年前

サイト2

ん?最新情報が 2011 年 5 月ってことは 5 年前?でもこうした “What’s New” 部分って意外と面倒ですからね、担当がさぼっているだけかもしれません。

それにしても 5 年前か・・・。

全体的に取り扱いブランドが古い

なんか全般的に取り扱いブランドにいまっぽさを感じない。ジーンズとかもシルエットが昔っぽい。うーん売れないでしょこのサイト。

というかやっぱり更新自体が止まってるのかな。

販売者の生存確認 → 悲しい結末に

たしかにサイトの更新が止まっている可能性はあります。しかしそんなことで冒頭の T シャツを諦めるわけにはいきません。たとえサイトが機能していなくても、会社に人がいて在庫があれば着払い通販でもええんやで。

まずは問い合わせフォームから

ということで問い合わせフォームから「あんたのサイトやってんの?」と送信。

サイト3

自動返信はいただきました。まぁ GW ですし、さらに地方のショップだからのんびりしていてすぐに返事は来ないかもしれません。何日か待ってみましょう。

返事が来ないので電話した

待つこと数日。来ない。返事は来ません。のんびりにも程がある。

しょうがないので会社概要ページに記載されていた電話番号へ電話してみました。

おかけになった番号は現在使われておりません。番号をお確かめになり(略

ぢぐじょー!

諦めきれないのでストリートビューで確かめた

street view

いやいや、会社がなくなったのなら誰がこのサイトのサーバ代とドメイン代を支払っているんでしょう。誰かが支払っているはず。サイトはなくなったけどリアル店舗はあるんじゃないの?電話番号は諸事情により変更したのでしょう。

ということで会社概要に記載の住所をストリートビューで確かめました。

結果、画像は載せませんが、ヴィレッジヴ●ァンガードが鎮座しておりました。このサイトの名称を冠した店舗どころか、周囲には物販店らしきものはなし。

終了~

どうやら詰んだようです。廃業しちゃったんでしょうね。

ぬか喜び

取らぬ狸の皮算用

日本にはよい言葉があるものです。これ以上の追跡は終了し、私もこのサイトでの T シャツ購入はきれいさっぱり諦めることにしました。

販売者としてまずいでしょこの状態は

指を指す少年

しかしですね、これは問題でしょう。

私はカートに入れるくらいしかアクションを起こしていません。でもその先、万が一決済まで完了させることができる状態になっていたらどうでしょう。銀行振込しちゃった。もしくはクレジットカード決済をしちゃたとか。その場合商品は送られて来るのでしょうか。きっと来ないですよね。

EC は在庫はなくとも画像さえあれば運営できます。このサイトのように、もはや会社もなく更新もされていない状態でも、自ら閉じなければ存在し続けることができます。

ゆえに購入者が発生する可能性はあるわけです。たとえこの会社が意図していないにせよ、「決済だけさせて商品が送られて来ない」詐欺状態になる可能性は大いにあります。んで不審に思って電話したら通じない。まずいでしょこれ。

廃業したならサイトも責任持ってクローズすべしです。

スポンサーリンク

誰かなんとかしてよ

祈り

じゃあ誰がこのサイトを維持してるのかという話になります。やはり誰かが悪さをしようと企んでいるのでしょうか。私はその線はないだろうなと思います。

想像ですが、サーバ代もドメイン代も、代表者の個人名義の口座から自動引落しにしているんじゃないでしょうか。そして代表者も細かい金額が引き落とされていることに気付いていないというパターン。

この仮説が正しければ、口座からお金がなくならない限りは延々と引き落とされ、このサイトも年を取らずに延々と残り続けることになっていきます。ひええ。

私はこれ以上なにかをすることはありませんが、誰かなんとかしてくださいな。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。