90年代ファッションリバイバル!でもオッサンはスニーカーじゃなくブーツを履こう

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket  2

ファッションだけではなく音楽、周辺カルチャーも全部ひっくるめて元気だった90年代。ちょうど私のようなアラフォーの人間が10代~20代のころ。

今年はその頃のファッション、特にストリートファッションが大々的にリバイバルしてます。当時を知ったるオッサンにとっては腕の見せどころではありますが、実はちょっと注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク

今年はスニーカー大当りの年!だがオッサンは注意だ

90年代ストリートファッションのベースにあるものの1つに、スニーカーがあります。AIR MAX 95が出た時には「エアマックス狩り」なんつー事件も頻発していました。懐かしい。

もちろん大リバイバルしている本年は、当時人気だったモデルがカラバリ増やして復活したり、当時日の目を見なかったモデルも便乗して復活したりしています。

  • デザインが特徴的
  • カラバリが豊富

大きく目立つのはこの2点。最も象徴するようなアイテムはこれかな。リンク先から辿ってみても無数のカラバリの存在が確認できます。

オッサン的には「あれ?体育の授業の時に履いてなかったっけ?」という・・・^ ^;

また次点として、表面からシューレースまで1色でまとめるというデザインも(個人的には一番90年代な感じ)。先日Supremeからリリースされたコレとか。

airforce1-supureme

本当にうまいなぁ・・・(ため息)。

オッサンが今っぽくスニーカーを履きこなすとちょっと痛い

がしかし注意。リアルタイムで90年代を通過してきたオッサンが、今若者と同じようにスニーカーを履きこなすと結構痛いんです。

参考)WEARで「AIR MAX」で検索した結果

やはりストリートファッションは若者のもの。いくら自分の中ではあの頃のままと思っていても、自分が思っている以上に身体は衰えていますし、外見も老けてしまっていますし。似合わない。

「歳相応」の着こなしは重要だと思いますよ。

オッサン大人はブーツを履こう

じゃあどうすんの?答えは簡単、ブーツを履けばいいのです。

90年代はストリートカジュアル全盛期でしたが、何もスニーカーだけじゃありません。もう1つの大きな流れとしてアメカジをベースとしたカジュアルがありました。

我々のようないい大人はこちらをベースにした方が安全ですよ。

①ティンバーランドイエローヌバック

私が初めてこのブーツを購入した時、世間での主流な着こなしはこんな感じでした。

wu-tang

こちらご存知(?)WU-TANG CLANさんご一行。

上下ルーズなスタイルに負けないボリュームが出るブーツということで、ごつめのスニーカーと並んでB-BOY達に人気でした。渋谷に行くと上下迷彩×ティンバーランドという怪しい人達もウヨウヨw

しかしもちろん今年は上下ルーズはアウト。

今年だったら、やや細身のジーンズに合わせると大人っぽい&今年っぽくて良い感じ。トップスもそんなに凝ったアイテムをチョイスする必要なく、普通の無地のシャツをジャストサイズで着用すればいいでしょう。上下デニムもいいですね。

recent timberland

だいぶ細身になってますよね。彼らはけっこう着崩してますけど、我々はもうちょっときれいに着こなした方が良いです。また軽くポイントが欲しいなぁと思ったら、ニットキャップ等で色を挿せばOK。

ちなみにティンバーランドは今ABCマートがしっかり流通価格を管理しているので、なかなか値崩れしません。やすい店舗を見つけるのはけっこう苦労しますが、私が探した中ではさすがのAmazonさんが最安値でした。

ちなみに私も今年ここで購入。ええ塩梅です。

②ダナーライト ブラック×ブラック

もう1つは以前も別のエントリーで取り上げたことがあるこちら。

このブーツの特長はこちらのリンクから~というのも面倒なので、改めて。

素材が優秀

このダナーライトの素材は、レザー×ゴアテックス。これに勝てる組み合わせはそうはありません。

最初こそ履き心地は硬いですが、3年も履くと驚くほど柔らかくなり、まるでニューバランスの900番台のスニーカーを履いているかのようなスウィートは履き心地になりますよ。これ本当。

タフなアウトソール

ビブラムソールを使用しており、悪路でもへっちゃら。不意に「おい五反田、山行くぞ!」と言われても安心です。

コストパフォーマンスが良い

およそ45,000円という価格は正直高い。のですが、10年履き続けるとすると、年間たったの4,500円。※断言しますが10年は確実に一軍で履き続けることができます。

細身フォルムですっきり合わせやすい

ここ重要。ワークブーツってどうしてもボッテリしがちですが、このダナーライトは驚くほどスマートです。細身のスタイリングに合わせると、ええ感じに足元にボリュームが出てバランスが取りやすくなります。

実はダナーライトといえばブラウンが有名なのですが、私は断然ブラック推し。(2足あればベターですがねw)

スポンサーリンク

ブーツなら落ち着いて見えるし何年も履けるし良いとこだらけ

ということでスニーカー大流行の年ですが、オッサンはぜひブーツを履きましょうというエントリーでした。

もちろん基本価格はそれなりにしますが、流行り廃りもあまり無いですし、何年も履くことを考えれば結果的に安い買い物になります。

特に今回紹介した2アイテムは「間違いない」ブーツ。ぜったい後悔しないと思いますよん。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。