何でも話せる親友だから当然タメ語!というわけではありません

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  3 Pocket 

嫁ちゃんにいきなり敬語で話しかけれると、「うわなんだろう」とドキッとする人も多いことでしょう。多いですよね。多いはず。

敬語はその名のとおり、相手を敬うときに使用するのが一般的であり、自分と相手の間には一定の距離が置かれています。

つまり親しい間柄でいきなり敬語を使用されるということは、相手が意図的に自分と距離を置いたということになります。原因はさまざまでしょうけど、この瞬間の世間の男性の脳は、ふだんとは比べ物にならないくらいのスピードで猛回転しているはずです。ご愁傷様。

でも敬語=距離とは限らないんですよね。

スポンサーリンク

敬語からタメ語に至るまで

野郎

一般的には、人間関係が深まるにつれて会話の際の言葉遣いは変わってきます。

最初は敬語

出会った時はまずお互い敬語から始まります。年上か年下かも、どんな性格かも分かりません。へりくだる必要はありませんが、変になれなれしいのは避けたほうが無難です。

次いで後輩敬語

そこから少し打ち解けると、後輩敬語に変化します。後輩敬語?何それ?という人も多いかと思いますが、「~っすよ」「~すか?」というアレです。まだこの段階ではお互いに緊張感が存在します。

しかし「マジっすか?」なんて冷静に見ると敬語でも何でもないのですが、実際敬語っぽくなるから不思議。

タメ語へと進化

さらに進むとタメ語へと進化します。この段階では緊張感はほぼなくなっています。いわゆる「友達」という関係にある人たちの中では、ほぼタメ語で会話がなされています。

ではさらに進むとどうなるんでしょうか。

もちろん親友もタメ語

ちょっと自分にとっての「親友」を思い出してみてください。その人と普段どんな感じで会話をしますか?たぶんタメ語だと思います。

友達の中でも、さらに気を許せる無二の存在です。そりゃタメ語になるのが当たり前。

だがしかし、私の場合はなぜか違うのです。

仲が良いほど敬語で話す

お手

これは自分でも不思議なんですが、親友と呼べる存在になると、不思議と敬語になっていくんです。それもかなりしっかりした敬語に。さすがに謙譲語まではいきませんが。

もちろん敬語を使うのは私だけではありません。相手もしっかり敬語を使います。その敬語だけを聞けばいい大人の会話です。

敬語にすると内容はともかくスマートに聞こえる(かも)

でも関係は親友。あんまり人には言えないことも言い合います。

たとえば・・・

「いやー昨日飲み過ぎて玄関でウ◯コもらしちゃった!」

「まじ!?きついねー。嫁さんキレたんじゃね?」

そんな会話があったとします。あくまでもフィクションです。

それがこんな感じになります。

「いやぁ、昨日酩酊して玄関で大きいのを失礼してしまいましてね。」

「ほう。それは難儀でしたね。奥さまはご立腹だったのでは?」

話している内容はひどいものですが、言葉を丁寧にするだけでスマートになりますね。

表でまとめて比較してみる

こんな塩梅。まずは一般的なもの。

区分 人数 言葉遣い
知り合い 多い 敬語あるいは後輩敬語
友だち それなり タメ語あるいは後輩敬語
親友 少ない タメ語

それに反して私の場合はこうなると。

区分 人数 言葉遣い
知り合い 多い 敬語あるいは後輩敬語
友だち それなり タメ語あるいは後輩敬語
親友 少ない 敬語

相手もまったく気にしていない様子

最初のころは、きれいな言葉でゲスい内容を話すのが楽しかったんだと思います。内容はご想像にお任せしますが、親友じゃないと安心して話せないことは多分にありますからね・・・。

んでそれがいつの間にか定着してしまったと。

自分の中ではけっこう気に入ってますし、親友たちに聞いても別になんとも思っていないようです。

スポンサーリンク

人間関係の形はさまざま

ブロック

まぁ特にオチはないのですが、仲が良いからといって必ずしもタメ語じゃないんだぜ、というお話でした。

あなたの隣で敬語で会話をしている人たちも、よーく聞いたらアレな内容のお話をしていたりして。聞き耳を立ててみるとおもしろいかもしれません。

あ、嫁ちゃんや実家の家族とはふつうにタメ語でございます。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。