うまくいったはずの面接で落ちたらむしろラッキーと思おう

若いころに転職活動をしていたとき、何度か不思議なことを経験しました。

いまとなっては不思議でもなんでもないのですが、ふと思い出したので記してみたいと思います。

うまくいったはずの面接でまさかの不採用

こども社長

ついに社長との最終面接が終わりました。自分の中では手応え抜群。面接が終わり帰りのエレベーターの中で「こりゃ内定ゲットだぜ!」と小さくガッツポーズ。なんだか世の中の色が明るく見える!

まさかの不採用通知で枕を濡らす

と思いきや、翌日早々に人材紹介会社から「見送りの連絡がきました」というメールが・・・

面接の場ではあんなに話が盛り上がったのに・・・

聞かれたことにも即答で答えることができていたのに・・・

数字の話もしっかりできていたのに・・・

いったいなんで!?と枕を涙で濡らした夜も数知れず(そんなに無いけど)。

不採用になった理由はぜんぜんわからなかった

もちろん相対評価の可能性はあります。私以上に話が盛り上がり、私以上に即答に長け、私以上に数字に強い人の選考が同時に進んでいたのかもしれません。そうなったらやむなし。

しかし選考は私一人だけで、最終まで進んで、とくに落ち度も記憶に無いのに落とされるのはけっこうきつい。

人材紹介会社の担当も「なんかやらかしました!?」と聞いてきます。こっちが聞きたいわ。

悲しき転職経験者あるあるだった

こういうことって自分だけなんだろうか。だとしたらちょっとやばい人間です。

そこで周囲で転職経験のある友人数人に、恥ずかしいけどこんなことが・・・と話してみたことがあります。すると驚くことに、こうした事案は案外少なくないことが分かりました。

私を含め彼らに共通していたのは
自分がうまくいったと思った面接ほど落ちる