「Tweetily」によるブログとTwitter連携は便利だけど定期的に棚卸をしよう

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  2 Pocket 

記事を書いたら自動的にツイートするように連携したい。主にワードプレスでブログを書いている人ならば、もはや当たり前のようにやっていること。

調べてみるとそうした連携を可能にするプラグインは数多く存在します。そんな中でも当ブログではTweetilyというプラグインを使用中。

自分で使ってみたTweetilyの良い所は

  1. 画像もツイートしてくれる
  2. 過去記事ツイート間隔も調整できる
  3. 過去記事ツイート時は記事内容から勝手にハッシュタグを入れてくれる

というところでしょうか。ちなみに過去記事ツイートでは画像は含まれません。

ただししばらく使い続けて、ふと気付きました。もう更新しなさそうなカテゴリの記事や、賞味期限がとっくに過ぎてる記事までツイートされているんですね。これはうざい。

前置きが長くなりましたが、今回はTweetily使用時の過去記事ツイート除外設定方法について記していきます。

スポンサーリンク

カテゴリ単位でツイート除外設定をする

例えば当ブログにはパズドラというカテゴリがあります。最近ちょっと飽きちゃったし、私のフォロワーさんはあんまり興味無さそう・・・これをカテゴリごと除外設定してみましょう。

exclude posts

サイドバーの設定-Tweetilyから除外設定を行うことができます。さっそく “Exclude Posts” ・・・ではなく “Tweetily” をクリックしてください。最初に設定した時の画面に遷移します。

カテゴリ単位で除外

下の方にいくと “Exclude Categories” という項目があります。どのカテゴリ除外したいの?ということなので、ここではパズドラと未分類カテゴリにチェックを入れます。

チェックを入れたら “Update Tweetily Options” をクリックするだけ。これで金輪際チェックを入れたカテゴリ内の記事がツイートされることは無くなります。簡単ですな。

※試していませんが、おそらく新規・過去記事双方ともツイートされなくなると思います。

もっとこまかくツイート除外設定をする

もちろんもっとこまかく設定することができます。

①記事ピンポイントでの除外設定

記事単位削除もっとも簡単な方法です。もうツイートしてほしくない記事にチェックを入れ、”Exclude Selected” をクリックするだけ。これが基本操作となります。

②カテゴリから探して除外

とはいえ数100記事あるようなブログで、1つ1つ除外設定をするのは大変です。カテゴリで絞り込んでから見れば楽ちんですね。

カテゴリ選択

プルダウンメニューからカテゴリを選択したら “Filter” をクリックすると、当該カテゴリの記事だけフィルタリングされます。

あとは個別にツイート除外設定をするだけ。

③キーワードから探して除外

例えばこれを書いている2014/12月現在、「気になるiPhone 6の発売日は!?」なんつー記事は誰にも需要がないでしょう。こうした賞味期限が過ぎた記事も場外設定しておくべきです。

keyword検索

その場合はキーワードを入力して “Search Posts” をクリック。その後の手順は①②と同じです。

ちなみにこのキーワードサーチはタイトルだけ探すようです。またカテゴリ単位ですでに除外設定している記事は検索結果に表示されないので注意しましょう。

参考)すでに除外された記事を確認する

もちろんどの記事がツイート除外設定をされているかどうかもすぐに確認できます。デフォルトで “ALL” になっている左上のプルダウンメニューで “Excluded(除外されたやつ)” を選択し、”Filter” をクリック。

除外記事確認

すると除外設定された記事一覧が表示されます。またもしもやっぱり除外設定解除したいなーという場合は、ここでチェックを外し “Update” をクリックすれば更新されます。

除外設定された記事は、通常の記事一覧画面でもこのようにチェック&オレンジで表示されます。分かりやすい。またカテゴリ単位で除外設定されている記事は、ここには表示されません。

スポンサーリンク

フォロワーさん目線での運用とツイート設定の棚卸をしよう

倉庫

photo credit: caribb via photopin cc

以上、Tweetilyのツイート除外設定についてでした。

結局は自分のフォロワーさんの立場に立って運用しようという話です。興味なさすぎるツイートばかりしてくるアカウントは、たぶんフォローを外されるか、そっとミュートされますよね。

せっかくフォローしてくださっているんですから、できるだけ有益な情報を流したいもの。せめて有益じゃなくても不快な・残念な思いはさせたくない。

たまにはツイート設定の棚卸をしてみるのもオススメですよ。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。