Supreme × The North Face 2016SS コラボ発売日とラインナップ

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

supreme thenorthface 2016ss-1

相変わらずコラボ大好き Supreme さん。特にこの The North Face とは相性が良く、かなりの頻度で新作をドロップしています。

余談ですがコラボって大変なんです。お互いブランド愛がありますし、譲れない点もある。楽なのはうちは素材を渡すから、おたくで好きに調理してよというパターン。

完全に私見ですが、Supreme の一連のコラボはそんなやり方なんじゃないかなと思います。彼らの持つブランド力とクリエイションへの信頼感があってのものですね。

ということで 2016SS の最初の両者のコラボです。

2016SS コラボ第 2 弾についてはこちらから

参考▶ Supreme × The North Face 2016SS コラボ第 2 弾

スポンサーリンク

Supreme ✕ The North Face 2016SS

今回は少なめの4アイテム。画像はすべて Supreme NYC から失敬しています。

Steep Tech Hoode Jacke

Steep Tech Hoode Jacket Variation

Steep Tech Hooded Jacket Variation Back

まずはアウターから。今回のコラボはこの “Steep Tech” という機能素材がポイントです。

Steep Tech は伝説的なエクストリームスキーヤー、Scot Schmidt とノースフェイスによって開発された機能素材。1991年から7年間生産されてきたようです。今回は Supreme のために復刻させたとのこと。

デザインはたしかに「スキーヤー」という佇まい。ジップやポケットの位置とかすごく面白いですが、懐かしい感じもしますね。あくまでもスキーをする人の利便性を考えたデザインなんでしょう。

価格は USD 388 です。いまのレートで考えると日本での小売価格は43,000円~45,000円くらいでしょうか。

だがしかし、街着として着こなすにはなかなかのテクニックが必要じゃないでしょうかこれ。

実際価格

45,360円でした。

Steep Tech Hooded Sweatshirt

Steep Tech Hooded Sweatshirt Variation

Steep Tech Hooded Sweatshirt Variation Back

ついでスウェットシャツ。デザインコンセプトはアウターのそれを踏襲しています。

おそらく色付きの部分がスウェット素材で、黒い部分が Steep Tech 素材なんでしょう。

価格は USD 198 なり。国内は22,000円~24,000円くらいかな。

実際価格

27,000円でした。けっこういったなぁ。

Steep Tech Sweatpant

Steep Tech Sweatpant Variation

Steep Tech Sweatpant Variation Back

スウェットシャツとセットアップのパンツです。

価格は USD 168 ≒ 18,000円~20,000円程度か。

実際価格

21,600円でした。むう、全体的に予想よりも高め。

Steep Tech Backpack

Steep Tech Backpack

そして最後がみんな大好きバックパック。やはりいつもと比べるとかなりギア寄りデザインです。

価格は USD 148 ≒ 16,000円~18,000円くらいでしょうか。案外お手頃ですし、やはり今回のラインナップの中でももっとも早く売れていくんでしょうね。

実際価格

27,000円でした。ちくしょう大外れ。

全体的に直近の為替レートよりも高い水準で値付けをしている感じです。バックパックだけは内外価格差関係なく強気設定。売れるし別にいいと思います。

スポンサーリンク

日本国内発売日は4月9日(土)

発売日

とあるように、4月7日発売開始の欧米から2日遅れ、日本国内では4月9日(土)発売となります。マニアのみなさまは並ぶと思いますが、まだまだ天候も不安定なので風邪引かないようお気をつけください。

秋冬シーズン向けに寝かせる余裕のある人向け

以上となりますが、見れば見るほど雪山が映えるデザインです(もちろん機能も色目も)。雪山でこれ着て滑ってる人いたらかっこいいだろうなぁ。

というか街着として着るには数か月待たないといけないんでない?最高気温20度を超える中でこんな機能素材アイテムは着れないでしょ。仮にペラ素材だったとしても。秋冬までいったん寝かせる覚悟がある人向けかな。

いますぐドヤりたいの!という方はまぁがんばって。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。