Supreme ✕ Stone Island 2016SS コラボは3月19日(土)発売

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket  1

Stone Island(ストーンアイランド)というイタリアのブランドがあります。私がその存在を知ったのはたしか17歳~18歳くらいのころだったかな。地元盛岡にあったセレクトショップのお兄さんに激推しされ、危うく4万円のパンツを買いそうになってしまったのは淡い思い出。お年玉飛ぶわ。

というトラウマ記憶もあり、ストーンアイランドについては「お金のある大人の上質なカジュアルブランド」というイメージを持っていました。それから10数年、日本でも本格的に展開されて店舗もよく見かけますが、自分には縁がないと思って片足も踏み入れたことがありません。いまってどういう位置づけなんだろう。

と、ストーンアイランドはよくわからない状態ではありますが、Supreme さんとの2016年3回目のコラボレーションもそろそろ販売開始のようです。

スポンサーリンク

Supreme ✕ Stone Island

supreme-stone island1

今回発売する商品は下記のとおり。

※本記事の画像はすべて Supreme NYCStone Island よりいただきました。

Heat Reactive Trench Coat

supreme-stone island coat1

 

はてこれはトレンチコートと言うのだろうか。機能素材を用いたパーカ付きステンカラーコートと言ったほうがわかりやすい。んで機能というのが下記。

supreme-stone island coat2

同じ商品です。「ヒートリアクティブ」=「熱に反応する」ということ。冒頭の画像を見る限り、どうやら熱を帯びると色が薄くなるのかな?

supreme-stone island coat3

グラデーション~。

Nylon Metal Track Jacket

supreme-stone island jacket1

製品染めのトラックジャケット。左袖にはストーンアイランドと Supreme のロゴが仲良く鎮座。

Nylon Metal Track Pant

supreme-stone island pant

セットアップのパンツ。こちらも左脚にロゴロゴ。

Reflective Compass Sweater

supreme-stone island sweater

リフレクターロゴ入りのコットンニット。これぞダブルネームといった感じのロゴですね。なお素材には、コットンのカシミヤとも言われるピマコットンを使用。

1/4 Zip Long Sleeve Top

supreme-stone island top

コットン製のボーダートップ。モックタートル & ジップ使いというのは珍しいですね。かなりスポーティな印象です。90年代初頭のラルフローレンを彷彿とさせますな。バックには Supreme ロゴが入ってます。

Heat Reactive 6-Panel

supreme-stone island CAP

コートと同素材のキャップです。ということは夏場は常時変色してそうですねw

Heat Reactive Crusher

supreme-stone island hat

同じくクラッシャーハット。

PVC Duffle Bag

supreme-stone island bag

ラストが PVC 素材のダッフルバッグです。内側は完全な熱縫合によって防風・防水加工されているとのこと。

しかしダッフルバッグ ✕ Supreme ロゴってものすごい安心感ですな。

日本では3月19日(土)発売

supreme-stone island date

とあるように、NY, LA, London 等海外ショップとオンラインは3月17日発売。日本では3月19日(土)発売となります。待ち望んでいた皆さん、土曜で良かったですね。

スポンサーリンク

ストーンアイランドオンラインショップが穴場かも

さて。

いつもだと数時間前から Supreme ショップ前に並ぶか、あるいは自宅 PC 前でオンラインショップで運を天に任せる買い方が多かったと思います。

しかしですね、今回はストーンアイランドでも発売されます。こないだの Air Jordan 5 もナイキで発売されましたしね、そりゃそうです。

ストーンアイランドのウェブサイトを見るとこう書かれています。

ヨーロッパと北アメリカでは3月17日から、アジアでは3月19日から、stoneisland.comと一部のStone Islandのフラッグシップショップ*で販売されます。

*ミラノ、ローマ、ヴェローナ、フィレンツェ、トリノ、ロンドン、パリ、ハンブルク、ミュンヘン、ストックホルム、アムステルダム、アントワープ、ロサンゼルス、ソウル。

なるほど。フラッグシップショップは残念ながら国内にはありませんが、オンラインショップでは購入できるということですね。皆さん Supreme のほうに集中すると思うんで、意外とストーンアイランドは穴場なんでないかなと思います。

Card

なお私は買いません。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。