もう日本は iOS 一択でいいんじゃないの?とブログのアクセス解析を見て思う

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  Pocket 

バカ売れの iPhone 6 (Plus)ですが、今年2014年はどれくらいまでシェアを伸ばすんでしょうね。

2013年は年間で 45% (ただし第4四半期だけで見ると 70% !)でした。今年は iPhone 5s もコンスタントに売れていたと聞いていますし、何より iPhone 6 発売時に昨年の 5s 発売時のような在庫不足が全然無かったので、さらにシェアを伸ばすことは確実でしょう。iOS 比率は年間で 60% 以上にはなりそうな予感。

さてそれに伴いスマホ保有率もさらに高まるはずですが、そういえばサイトへの訪問者のデバイス別比率ってどうなのかな?

そういやあんまり数字で気にしてなかったな~ということで、今回はPC/モバイルはもちろん、モバイル内のデバイス比率も見てみます。

ちなみに当ブログだと規模が小さくて参考にならないかもしれないので、私が他に運営しているブログのデータを使います。

スポンサーリンク

やだ、私のサイトスマホ比率高すぎ・・・?スマホ+タブレットで 70%

デバイス別

こちら直近1か月間のデータ。

自分でびっくり。モバイル=スマホとタブレットで実に 73% !まじすか。

いかん、「スマホ比率なんてだいたい半分じゃね?」なんて思ってましたが、これは完全に読み違えてました。というかちゃんと見ろと。

スマホ最適化

これからは常に「スマホでの見た目」を意識することにします。

例えばエントリーをアップしたら、まずはスマホやタブレットで内容確認。「文字だらけだなー」「改行欲しいかもなー」と思ったらすぐさま修正。

テーマについてもも然りですね。例えば当ブログで使用しているGush2は、スマホで見るとフッターは非表示となります。ということはフッターに載せる内容は、そこまで重要ではない情報にとどめておく・・・など。タグクラウドやタイムラインとか。

はぁ、たまたま気づいて良かった。これからは定期的に確認しよう。

・・・しかしさらに驚くべき傾向が見えました。

やだ、私のブログ iPhone 比率が高すぎ・・・完全に iOS 無双状態

ios70%

まさかこんなに iOS 比率が高くなっていたとは。

端末別

iPhone と iPad 、さらに意外なiPodまで足すとおよそ 79% となり、もはや寡占状態。ぎょえー。

もちろんブログのテーマやアクセスを集めている記事の内容にも左右されるとは思いますが、それにしても・・・な結果です。

Androidの と iOS の差

また意外だったのが、Android 端末で最新機種が上位に来ていないこと。GALAXY S5 だったり Xperia Z1 だったり、2013年に発売された各社のフラッグシップモデルの姿が見えません。つまりズッコケたってことで OK でしょうか。

物を売る際によく言われることですが、多すぎる選択肢は購入しようとしている人を迷わせます。せいぜい3つくらいの選択肢を見せたうえで、一番売りたいものに誘導していくのがトラディショナルな手法。

たぶん Android はメーカーも機種も多すぎなんですよね。自分が何を求めているのかを正しく理解できているユーザーにとっては、選択肢が多いことは逆に歓迎されるかもしれません。でもそんなユーザーは一握り。

多くの人は「全体的に良いもの」という漠然とした希望しかありません。となると、端末のみならず CM やストア含めた全体的なブランディングで飛び抜けている iPhone に走るのは当然かと。「なんか良さそう」でしょ。

※ iPhone が「そこそこの製品だ」と言ってるわけじゃないですよ。念のため。

スポンサーリンク

もう日本はiOSだけでいいんでないの

すでに Panasonic はコンシューマ向けスマホからは撤退してますし、富士通も NEC も撤退済みでしたっけ?さらに先日 SONY がスマホが売れずに2,500億もの赤字を発表しました。来年にかけて Android 業界も再構築されていくのかもしれませんね。

全世界では iOS をはるかに凌ぐシェアを誇っているのに。どこで間違えた。

でも、どう頑張っても日本における Apple さんの牙城を崩すのはきついと思いますよ。Samsung の GALAXY edge の CM も、もはや痛いだけですし。確かに機能はすごいけど、そういうことじゃないんだな。

もはやいっそのこと、日本は iOS 一択にすれば、企業も人も楽になるんじゃないのかね~と思うのでした。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。