iPhone 7 の画像とスペック公開されたけど全体的にイマイチでがっかり

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

サムスンの GALAXY シリーズは新規商品のリリースの度に数字が増えていきますよね。GALAXY S3 → S4 → S5 →・・・という塩梅。普通ですな。

一方アップルの iPhone シリーズはちょっとトリッキー。iPhone 4 → 4S → 5 → 5s → 6 →・・・というように、数字の更新は2年に一度。その間はデザインほぼ一緒のアップデートモデルとして「s」が出る流れです。

つまり iPhone 6 は2014年9月に発売されましたから、当然今年2015年は iPhone 6s となるはずです。

ところが。6s ならまだしも、さらに先を行く iPhone 7 の画像やスペックが公開されてしまいました。もちろんリーク情報でも何でもなく、デザイナーさんの脳内イメージではあるのですが、ちょっと見てみましょうか。

スポンサーリンク

iPhone 7 は5色展開

iPhoneStacked

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

iPhone 6 はシルバー/ゴールド/スペースグレーの3色展開。iPhone にかぎらず Apple 製品は基本最小限度の色目で統一されている感がありますな。

ところが iPhone 7 はこの禁を破り、まさかの5色展開です。しかしまた薄いな~(後述)。

まずは揃い踏みショットから。

AllModelsStanding

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

なんか地味だな。では次いで個別にどうぞ。

シルバー

SilveriPhone

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

まぁこれは出ますわな。

ゴールド

GoldiPhone

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

もはやこれも定番色。ゴールドというかちょっと銅っぽい。

スペースグレー

SpaceiPhone

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

ここまでは iPhone 6 と同じ色展開。でもイマイチこれも発色が良くないな。

ワイン

WiPhone

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

これは冒険色。新色にはワインという名のパープルっぽい色目が加わります。

カッパー(銅)

CopperiPhone

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

ゴールドで「銅っぽい」と言いましたが、どっこい銅も追加です。

という全5色展開。全体的な質感は発色を抑えたマットな感じですね。これは好みが分かれそう。

次いで特筆的な機能。

ワイヤレスチャージ

Wirelesscharger

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

iPhone 7 ではワイヤレスチャージ機能が搭載されます。この画像のように「置くだけ充電」になると。

むむ?こうした専用機器を用いた置くだけ充電って、Android だと全然珍しくないですよね。

機器縛りというのは大変(悪い意味で)Appleらしいのですが、これはさすがに今更感が満載。Wifi 電波で充電するくらいじゃないと(充電池メーカー爆死ですがw)。

ステレオスピーカー

StereoSound

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

これも「お、おう・・・」としか。

スマホを音楽プレイヤー代わりに使う人は増えていますし、若い人なら音楽はスマホでしか聴かないんじゃないでしょうか。beats に代表されるようなヘッドホンメーカーの台頭がそれを裏付けています。

一方でヘッドフォンを使わずに、大音量で全身で音楽を感じたいという需要もあります。そういう層は BOSE などのしっかりしたスピーカーを通じて聴いていることでしょう。

となるといくら iPhone 7 の本体がステレオスピーカーになったとしても、いったい誰得なのかと考えるわけです。別にステレオになってくれてもいいですが、殊更アピールするポイントでも無いですね。

スペック詳細も特に驚きは無し

だんだん期待感が薄れてきた iPhone 7 ですが、がんばって詳細なスペックも見てみましょう。

SpecsGuid

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

箇条書きにしていきます。

  • 端末上下にスピーカー
  • ライトニングケーブルは中心からずれる
  • 電源ボタンはサイドの真ん中くらい
  • カメラは12メガピクセル

うーん、ここでも特に驚きはなし。「そうですか」としか。

さらに詳細もあるのでポイントだけ。

17

©2015 COPYRIGHT OVALPICTURE.COM ALL RIGHTS RESERVED, DESIGN : YASSER FARAHI

  • 厚さ:6.1mm
  • 重量:114グラム
  • サファイアグラス使用
  • A10 チップ搭載
  • 4K ビデオカメラ
  • iOS 9 搭載

そうですか。

スポンサーリンク

同じ妄想デザインならこちらに軍配

以上、今回使用させていただいた画像はすべて OVALPICTURE さん作でした。

※2017/10 追記:サイトへアクセスできなくなっていたので、リンク切ってあります。

せっかく作ってくれたのに申し訳ないのですが、全体的にイマイチな iPhone 7 イメージでした。デザイン/機能ともに驚きもなし。百歩譲ってデザインは好みがあるにしても、技術的な部分はもっとリサーチしていただいた方がいいと思います。

同じ妄想デザインなら、やっぱり私は Martin Hajek さんに軍配を上げます。

iSaber

こちら STARWARS のライトセーバー的な “iSaber” (アイ・セーバー)なるもの。もちろん脳内妄想プロダクトです。でもなんだか Apple なら作りそうじゃないですか?しかし “elegant weapon” (エレガントな武器)ってなんじゃいw

ありそうで無さそうな絶妙なさじ加減。妄想イメージを出す際は、このあたりをよく研究していただきたいもんです。

では再見。

スポンサーリンク

こちらも読まれています

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。