Firefox が Windows で起動しなくなったときに使える簡単な対処法

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

みなさんインターネットブラウザはなにをお使いでしょうか。用途に合わせて使い分けている人も多いと思いますが、私の場合は以前の記事でご紹介したとおり。

メモリ食いまくりとか言われますが、Windows であれば結局は Google Chrome が速さ・安定感ともにベストでしょう。同じ Chronium ブラウザの Kinza も悪くないです(検索結果に広告多いけど)。

スポンサーリンク

Chronium ブラウザと比べると重さが際立つ Firefox

それに比べると Firefox はどうも遅いです。特に Twitter をタブで開きっぱなしで作業していると、驚くほど動作が遅くなります。

まぁ遅いだけならいいんです。原因もわかっているし、 Twitter を閉じれば済む話。

しかし Firefox さん、いったん遅くなるともうダメ。軽いページへの遷移でも 10 秒以上かかるようになります。 90 年代後半の昼休みのインターネットばりの遅さ!

Firefox が重くなったら、いったん終了させて再起動・・・では済まない

こうなったらもうしょうがない。いったん Firefox を閉じて再起動するしかありません。ブラウザ右上の閉じるボタンをクリックして、いったん Firefox を終了させます。

終了したのが確認できたら、改めて Firefox を立ち上げます。 Windows の場合はこのように浮き上がって起動中になるはずです。

これで終了!のはずが・・・

何度やってもFirefoxが立ち上がらない

そう、一瞬立ち上がったように見えるのですが、なにも起きません。何度やってもダメ。一瞬起動したように見せかけ、Firefoxは沈黙を守り続けます。

ん?もしや起動しているの?と「Alt」+「Tab」ボタンを同時に押してウィンドウの切替をしてみますが、ここにも表示されません。

「終了しているはずなのに起動しない」ということは、もしかしたら「見えないところで動いている = 終了しきっていない」可能性があります。

しょうがない、内部的に終了するまでお茶でも飲んで待ちましょう。

という余裕があればいいですが、おそらく「あーん立ち上がらない」とイライラマックス状態のはず。ですので終了しきっていないのであれば、強制的に終了させちゃいましょう。

※以下、私が使用している Windows 7 を例に挙げて進めます。

タスクマネージャーを呼び出して、力づくで終了させる

WIndows ユーザーの伝家の宝刀、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」です。

どんな状態でもいいので、まずは上記のキーを3つ同時押しします。順番は左から右が無難です。

するとパッと下記のような画面に遷移します。

ここでは一番下の「タスク マネージャーの起動」をクリック。

するとタスクマネージャーが起動します。いろいろ動いているもんですな。

アルファベット順に並んでいますので、少し下のほうまでスクロールすると、”firefox.exe” というものが出てくるはずです。相当メモリ食ってますね。

あとは簡単です。この “firefox.exe” をダブルクリック、もしくは選択して「プロセスの終了」をクリックします。

もう十分不安定だっつーの。ということでここでも迷わず「プロセスの終了」をクリック。

これで裏のほうで動いていた Firefox は完全に終了しました。

あとはふつうに立ち上げましょう。

私の場合はこのようなメッセージが出ることが多いです。数秒待てばちゃんと元通りに立ち上がってくれますよ。

スポンサーリンク

オッサンにはおなじみの技だけど、意外と知らない人も多いのよ

以上が Windows で Firefox が再起動しなくなったときに、サッと使える解決法。これでだいたい治るかと思います。

実は昔(Win 95 とか)は、わりとすぐに PC がフリーズしたんです。そのためこの「Ctrl」+「Alt」+「Delete」でシャットダウン→再起動という技は、Windows ユーザーにはおなじみの技でした。

しかし最近はフリーズなんてあまり見なくなりましたよね。ですので若い子は意外とこの技を知らなかったりするのです。

なお

私の場合はこのようなメッセージが出ることが多いです

と書きましたが、それくらいよくこの技を使っている=イライラしてるということで(›´ω`‹ )

では再見。

スポンサーリンク

こちらも読まれています

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。