ついに出た!iPhone 6 (Plus) の全面/曲面をカバーできるガラスフィルム

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  Pocket 

当ブログへは毎日コンスタントにこんなキーワードでの訪問があります。

iPhone 6 ガラスフィルム 曲面
iPhone 6 ガラス 全部

分かります、その気持ち。私もこの1か月間はキーボードの文字が消えるくらい検索しまくりましたから。

検索していただく方と同じようにこの1か月間は私のiPhone 6 Plusは真っ裸で頑張っていましたが、先日やっと解消されました。

スポンサーリンク

iPhone 6/6 Plusの液晶部分を覆うガラスフィルムは存在しなかった

まずは大前提を少しだけ。ご存じの方も多いと思いますが、iPhone 6/6 Plusは液晶の端部分が曲面形状になっています。

ip6glass

おかげで以前のように液晶全面をガラスフィルムで保護するということが難しくなりました。なぜかというと・・・

ip6glass2

こうなるから。パワポでよく頑張った。

ガラスフィルムも0.15~0.4mmと厚さバリエーションはありますが、考えてみたら1mmもないわけです。このように接地面という支えが無ければ、当然ピキッと割れちゃうわけです。

そのため一般的なガラスフィルムは、液晶面のラウンドが始める一歩手前ギリギリを覆うデザインのものしか販売されていませんでした。しょうがないですよね。

だがしかし、経験上iPhoneが落下する時は四隅から接地します。つまり現状あるデザインのガラスフィルムだと、万が一落としちゃった時にはiPhone本体は守られません。

私今までに2度ガラスフィルムに守られてますからね。難しいことは分かってるんですがどうにも諦めきれない状況が続いていました。

ところが!探せばあるもんだ。ついにiPhone 6/6 Plusの全面を覆うことができるガラスフィルムを発見→当然即ゲットしてみましたよ。

araree CORE CURVED:iPhoneの液晶曲面も覆うガラスフィルム

araree core curved

こちらがそのガラスフィルムとなります。名前だけ見ると曲面ガラス!?にも思えますがちょっと違うんです。

購入すると商品が届く(当たり前だ)

パッケージはこんな感じ。

iphone6plusglass-package

厚さ5cmくらいはあろうかというゴツい箱。過剰包装にも感じますが、「運送中にガラスがポッキリ」という事故は無さそうです。

そしてこちらのシールが光っております。

iphone6plusglass-package2

ん?やっぱり曲面ガラスなの?まま、焦らず先へ進みましょう。

ガラスフィルム本体をチェック

同梱物は一般的なガラスフィルムと同じなので省略します。ではガラスフィルム全面を見てみましょう。

iphone6plusglass-item

じゃーん。この段階で私のiPhone 6 Plusに当ててみましたが、ちゃんと全面を覆ってくれています。これは期待値上がります。

しかし触ってみてもガラスフィルム自体の作りはまっすぐ。どうやって曲面に対応するんでしょう。

iphone6plusglass-item3

んで拡大。青丸で囲った部分、ガラスフィルムのフチ部分がポコっと膨れています。どうやらこれが秘密のようです。

販売サイトに秘密は掲載されている

ip6glass3

こういうことだそうです。ポコっと膨れているのは透明シリコン。

つまりどうやってこのガラスフィルムが、iPhone 6/6 Plusの曲面部分までを覆うことができるのかというと、透明シリコンという詰め物を施しているからなんですね。は~色々考えるもんだ。

実際にiPhone 6 Plusに貼り付ける→ええ塩梅

と、感心した上でさっそく貼ってみましょう・・・はい、貼りました。画像とともに確認しましょうか。

※機種変前のiPhone 5で撮影用としたら電池切れ。しょうがないので初代のiPad miniで撮影したのですが、驚くほど汚いorz

iphone6plusglass-3

まずは液晶上部。

ズレなく貼れる私のスキル!それはいいとして曲面を覆う部分はシリコンが透け、このようにうっすらと白っぽくなります。もちろん液晶部分はしっかり覆われています。

iphone6plusglass-2

次いで液晶下部の右端部分。

落下時に最初に設置する四つ角もしっかりガードされています。

iphone6plusglass-4

そしてホームボタン周り。テーブル拭けば良かった。

さすがに過去iPhoneと同じように丸くくり抜くことはできないようです。でもTouch IDは全然違和感なく使うことができました。

ちなみにこの写真だと気泡が見えてますが、この後すぐにキレイに抜けました。

iphone6plusglass-1

最後に全体像。

画像が粗いのが悔やまれますが、ビタっときれいに覆われていることが分かります。ええ塩梅!

ちなみに特に記載しませんでしたが、ガラス部分は日本製の旭硝子、硬度は9Hで飛散防止やら指紋防止やら、ガラスフィルムに最低限必要なスペックは備えてあります。

※懸案事項もある

①バンバー/ケースが干渉するかも

販売サイトにも書いてありましたが、ここまでガバっと曲面まで覆うので、物によってはバンパーやケースとの相性が悪いかもしれません。特にガッツリ前面まで噛み合わせるタイプのバンパーとは一緒に使用できないと思います。

②ラウンドカットは微妙

ガラスフィルムといえばラウンドカット。このフィルムも微妙にカットはなされているようですが、さほどラウンド感は出ていません。私は気にしませんが、ラウンドの滑らかさ命の方は注意です。

以上2点が私が感じた懸案事項ですが、特に大きな問題じゃないかな。

スポンサーリンク

これでiPhone裸族は卒業しよう

というararee CORE CURVEDというガラスフィルムでした。私と同じようにiPhone 6/6 Plusの曲面まで覆うガラスフィルムを待望していた皆さんにはお待ちかねのアイテムなんじゃないでしょうか。

私もこれでやっと全裸から半裸へランクアップ。ただiPhone 6 Plus用の保護ケースは全然いいのがないので引き続きサーチです。

あ、価格忘れてました。送料込みで3,980円と思ったよりも安かったです。他ショップも同様。

※12/6追記

ふとリンク先確認してみたら在庫切れorz 物は一緒でパッケージだけ変えた商品がありましたのでリンク差し替えます。メーカーサイト確認したところまったく同じでしたので大丈夫です。

→数日使用後どうなったのか・・・

iPhone 6全面にピッタリ貼れるガラスフィルムはこれだけ

※5/10追記

iPhone 6 発売から数か月が経過し、もはや全面カバー型のガラスフィルムは珍しくなくなりましたね。この記事で取り上げたような完全に全面を覆うというものよりも、ラウンドギリギリ極限まで覆うタイプが多いのかな。

何にせよ選択肢が増えたのは良いことです。ただガラスフィルム初心者の人は、「最薄!」とかいうキャッチにやられると「すぐ割れた!最悪!」となりがち。そりゃ薄いし割れやすい。

個人的にはやはり、0.3mm 程度~せいぜい0.4mm の厚みが使用感・保護面からもベストかなと思いますよ。参考になれば。

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。