cheero Energy Plus 12000mAh をゲットした!中身はこんな感じ

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  2 Pocket 

日本のスマホ普及率は60%を超えたとも言われています。スマホからフィーチャーフォンに戻る人は少ないでしょうから、今後もこの比率は右肩上がりで伸びていくことでしょう。

そしてその中でも、2013年に急激にシェアを伸ばしたのがご存知「iPhone」。2013年年間の出荷シェアを見るとこんな感じ。

2013国内スマホベンター別シェア

参照:IDC Japan 2013年第4四半期および2013年 国内携帯電話・スマートフォン市場規模を発表(リンク切れ)

もう過半数に届く勢い。こりゃ数か月後にiPhone 6が出ちゃったらどうなっちゃうんでしょうね。50%超えもあながち夢物語ではなさそうです。

スポンサーリンク

スマホユーザーの一番の悩みとは

一方でスマホユーザーの一番の悩みの種、それは「充電」です。「月々の費用が高い」「壊れやすい」という声もあるでしょうけど、そんなん便利なんだから我慢でしょ。

特に上述のとおりシェアを伸ばしているiPhoneの電池容量は、およそ1,500mAhと少なめ(GALAXY S5は2,800mAhだ!)。iPhoneが普及すればするほど、充電難民達が街に増えていくはずなのです。

そしてこの充電の悩みは私も当然持っています。日帰り出張なんかした日にゃもう大変。お昼ごろに現地に着く頃にはもう残40%くらいになっていますよ。

んで「もうあかん」状態になったら、家電量販店や東急ハンズ的な小売店を探し、そこで安いモバイルバッテリーを購入して急場しのぎをするという場合がほとんどでした。おかげで五反田家には謎のバッテリーが数個放置されていますw

もちろんそんな状態は、私も良いと思っていません。できれば一つの優秀なバッテリーを長く愛でたいものだなぁ・・・といつも思っていました。

cheero Energy Plus 12000mAhをゲットしてしまった

そこで偶然目に入ってきたのが、「cheero Energy Plus 12000mAh」でした。cheeroさん知ってますよ!このバカでかい容量で、お値段まさかの2,980円(初回限定)!?これが求めていたものだ!

・・・と勇んだはいいが、時すでに遅しで初回分は買い逃してしまったので、第2ロットをなんとかゲット致しました。これを愛でて愛でて愛でまくるぜ。

外観や中身はこんな塩梅です

外観はこんな感じ。

Cheero Energy Plus 12000mAh-1

パッケージ自体は特にかわいくも格好良くもないです。いやいや、機能機能!なんせ12000mAhです。

そしてパッケから中身を出すとこんな塩梅。

Cheero Energy Plus 12000mAh-2

改めて本体を持ってみると、案外重い。さすが12000mAh!どんだけ蓄電しちゃうんですか。

さらに付属物を開梱。ケーブルとACアダプタ、専用のきんちゃく袋。

Cheero Energy Plus 12000mAh-3

起毛タッチとブラウンの色目が、カジュアル感と高級感を同居させています。12000mAhを守るにはこれくらいじゃないとね(しつこい)。いやそこまで大層なものじゃないです。

ちょっと通電させてみました

ではさっそく使ってやろう・・・の前にこのcheero Energy Plus 12000mAh自体に充電をしないといけません。さっそく上記の付属品を本体につなぎ、家のコンセントにぶっ刺しました。

Cheero Energy Plus 12000mAh-4

するとこの4つの丸ポチが光り出します。右から左へ順番に・・・

Cheero Energy Plus 12000mAh-5

行ったり来たり。しっかり充電されている様子がうかがえます。

この丸ポチは本来は充電インジゲーターの役目を果たしており、ここを確認すれば残量が確認できる仕組みとなっています。

そして出力ポートは2口。向かって左が1Aで右が2.1A。通常時はもちろん右の2.1Aだけ使う形となります。

Cheero Energy Plus 12000mAh-7

ちなみに左にある丸ポチはLEDライト。本体横にあるパワーボタンを長押しすると、ピカーッと光ります。試しに直視してみたのですが、思ったよりも強烈。目をやられました。これなら夜道も安全だ。

スペックまとめ

スペックをまとめると下記のとおり。

  • 商品名 cheero Energy Plus 12000mAh
  • 型番 CHE-050
  • 電池容量 12000mAh
  • カラー ホワイト
  • サイズ 152×70×16mm (L/W/T)
  • 重量(本体) 275g
  • 入力 DC5V/1.6A
  • 出力 DC5V/1A、DC5V/2.1A
  • 充電時間 約10時間(付属のUSBアダプタ利用の場合)
  • 利用可能回数 約500回
  • 対応機種 iPhone/iPad/iPad mini、MicroUSB対応スマートフォン/携帯、Wi-Fiルータ等 
スポンサーリンク

ベンチウォーマーを卒業できるのはいつの日か

一方実はこれをゲットしてからというもの、そんなに遠出する機会もないため、12000mAhの恩恵に預かる機会がありません。五反田家にてベンチを温めている状態が続いています。それはそれで良い状態なのですが。

でも今までのように「しょうがなく何となく買った」ものではなく、「自分が欲しいと思って買った」ものです。出張や帰省といった長時間の移動時は、忘れずに持ち歩くようにしたいと思います。

しかし一昔前は1mAh=1円と言われていたモバイルバッテリー。液晶テレビもそうでしたが、技術の進歩によってここまで低い価格で販売することができるようになるんですね。企業努力だなー。

ということで気になる方はこちらからチェックプリーズ。

では再見。

※メーカーサイト:http://www.cheero.net/products/cheeroenergyplus/

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。