スマホにケースを付けると生命の危険に晒される(純正品は良しw)

 

シェアしていただけると嬉しいです。
はてブ  1 Pocket 

サッカーW杯も今朝ベスト4の1チームが決まりました。ドイツがブラジルをまさかの7-1の大差で撃破!いくらブラジルの攻守の要が不在だったとはいえ、これほどまでに差がつくとは。まるでキャプテン翼で初めて日本ユースが世界に出て行った時のドイツチームを彷彿とさせる強さ(分かりづらい)。

うーん、しかしこうやって試合が進めば進むほど、日本チームの本来の実力というものが身にしみて分かります。今更あーだこーだ言ってもしょうがないので、とにかくまた4年後に向けて地道なトレーニングを積んでいくしかないですね。

では今回の本題。

スポンサーリンク

スマホにカバー付けて使用すると命の危険も!?

マスクをする女性

スマホとケースはもはやセットだが・・・

日本国民の60%に普及しているスマートフォンは、言うまでもなく精密機器。当然落とせば傷は付きますし、液晶がスパイダーマンになってしまったりします。

ただ実はスマホの液晶面以外はわりと頑丈にできており、例え落下させてしまったとしても、背面が破損→スマホ故障になることは少ないそうです(by 修理屋の人)。ということを知らない人もいれば、案外知っている人もいます。

知らない人

スマホ購入→精密機器だから保護しなきゃ!→ケース購入

知ってる人

スマホ購入→壊れないのは分かるが傷付くのが嫌だ→ケース購入

と、いずれにしてもスマホとケースはセットになっているケース場合が多いです。iPhone使いの私も以前は断然裸体を好んでいましたが、落としまくって傷つけまくり、なんだかiPhoneがかわいそうになり、今はケースを付けて使用しています。

電池メーカーもキャリアもスマホメーカーも実は推奨していない

だがしかし!スマホにケースを付けることは、実は非常に危険な行為なんだそうです。

スマホにカバー、メーカーが警鐘

  • スマホにカバーをかけることはNGである
  • カバーで放熱が阻害され、電池の安全温度を超える恐れがある
  • 熱暴走が始まり、電池が通常の数十倍の早さで劣化してしまう

livedoorNEWSより

わわ、大変。

元記事のさまざまな立場の会社の意見をまとめてみると・・・

某一流電池メーカー

カバーをつけながら充電すると、カバーで放熱が阻害されて安全温度を超えてしまう可能性がある。

キャリア

A社:自社試験を通過した商品のみ販売している。
B社:自社が認めた純正品のみ販売している。
C社:カバーを付ける時は電源を切る。www

スマホメーカー

金属カバーでスマホを覆ってしまうと、電波が弱くなってしまう。→電池の減りが早くなる。
一定以上の厚みのあるカバーは付けられないよう、充電クレードルの仕様を工夫している。

ですって。スマホの企画製造販売に携わる会社はすべて、安全上の観点から、スマホにケースを付けることを(程度の差はあれ)推奨していないということが分かりました。

メーカーのコメントが参考になる反面、キャリアのコメントの酷さが気になります。特にC社はダントツで光ってますね!

一方当事者であるキャリアの品揃えは?

さてさて、このようにキャリアもメーカーも警鐘を鳴らす一方、なぜかキャリアではスマホアクセサリーが絶賛増加中。

こうしたPBの品揃えを見ると、まぁ確かに上記で懸念されているような厚みのあるケースはあんまり無いですね。遊びがあるのはソフトバンクくらいかな?

なんだか恣意的なものを感じるなぁ

しかしふと疑問に感じます。

こんなに家電量販店でもハンズでもロフトでもスマホケースが流通していて、なぜに今こんな記事が、わざわざキャリアやメーカーにインタビューまでして作成され、クローズアップされるんでしょうか。

危険!夏場に1日放っておいたお弁当はお腹を壊す!!的なものにしか見えまへん。何言ってんのと。

どうも今回のこの記事って、A社/B社/C社いずれかのキャリアのタイアップのように感じます。

市販のケースは危険だよ!キャリアで売ってるケースは安全だよ!と言いたいがための。

穿った見方かもしれませんけどね。

スポンサーリンク

The choice is yours

結局決めるのは自分。こうした記事を見て、私のように「はぁ?」と思う人もいるでしょうし、「やだ危険!」と金輪際ケースを付けない、あるいはキャリアの安心安全なケースを購入する人もいるでしょう。

どっちを選んでも、自分の判断だったらそれが幸せなんだと思います。情報はいくらでもありますし、疑問に思うなら自分でとことん調べて自己責任の上で選択すべし。だから私はiPhoneが発火しても訴えないぜ!多分w

では再見。

スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。